TV

冬の家族

TV

BS12でしていた向田邦子さんの「冬の家族」、挿絵画家の森本レオさんがかかれている絵に見覚えがあって気になっていた。 昨日国立映画アーカイブで開催中の「映画イラストレーター 宮崎祐治の世界」の案内をみていて、ふと、この鼻のない顔の表現は宮崎さん…

徘徊 ママリン87歳の夏

日本映画専門チャンネルにて。 www.nihon-eiga.com 深刻ぶって突き放すのとは反対の、問題点はみつめながらのみこむ感じが良い。娘さん、以前猫のいるギャラリーということで訪ねたことのある大阪北浜の10W gallery の方。ママリンがとてもかわいらしく装っ…

日本の歴史

www.siscompany.com 三谷幸喜氏の歴史ミュージカル。wowowにて。「日本の歴史」というタイトルなのに、はじめアメリカの移民がメキシコ人から土地を買って・・という話からはじまり疑問が浮かぶが、すぐに氷塊する。日本の歴史のことでそのまま説明したらエ…

最近みていたドラマ

TV

NHK BSプレミアムで土曜日の夕方ずっと「刑事コロンボ」の視聴者の人気投票をして下から順番に放映しているが、昨日は第三位「忘れられたスター」。タイトルだけでもかきむしられそうだし評判もきいていたのではじめからちゃんとみてみた。いきなり映画「ジ…

高原へいらっしゃい

TV

www.nihon-eiga.com 70年代に山田太一原作(脚本は山田さんの時と、違う方のときがあることにのちほど気がついた)、田宮次郎主演で放映されたドラマ。いま、日本映画専門チャンネルで再放送され楽しみにみている。現在9話まで見終わったところ。高原の古いホ…

天皇の世紀 第一部

天皇の世紀 DVD-BOX (4枚組) 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店 発売日: 2010/12/22 メディア: DVD クリック: 2回 この商品を含むブログを見る みたのはvhs版 先日みたドキュメンタリーになっている第二部*1のはじまりに、大佛次郎氏のことばとして、「天皇の…

映像の世紀 第一集

www.nihon-eiga.com 日本映画専門チャンネルと時代劇専門チャンネルで12/24同時一挙放送するとのことで先日第一集を放映していた。 歴史の理解がすんなりいくということで評判をきいていたけど、ほんとに、整理された生の記録というのはとてもありがたい。 …

TV版 64(ロクヨン)

TV

64 ロクヨン DVDBOX 出版社/メーカー: NHKエンタープライズ 発売日: 2016/03/25 メディア: DVD この商品を含むブログを見る www.nhk.or.jp 苦いエッジのかかった話の運び方。いつもラストに流れる画面のひりひりとかっこいいこと。最後にさしかかるまで、ず…

天皇の世紀 第二部

「天皇の世紀」のテレビドラマ版がふや町映画タウンに入荷した。どうも天皇の世紀というのは一部と二部になっていて第一部はテレビドラマ、第二部はドキュメンタリーだったよう。(wikipedia参照) この機会に、と、以前日本映画専門チャンネルの伊丹十三特…

戦後70年 樹木希林ドキュメンタリーの旅『村と戦争』

TV

樹木希林さんの訃報に接して、樹木さんって年齢を重ねられて尚一層すばらしい女優さんになられたな・・とつくづく思っている。現在の日本映画界で老年を演じる堂々としたポジションを築かれたと思う。そしてたとえば「あん」*1だとか、是枝監督の作品だとか…

花へんろ 新・花へんろ

TV

「花へんろ」の最終話が放映されるということで、以前のシリーズが放映されていた。早坂暁氏の自伝的な物語で、一番最初の「花へんろ」は早坂さんの祖母にあたるしっかりものを沢村貞子さん、伯父にあたる道楽者を中条静夫さんが演じておられて、これがもう…

美の壺 ぬくもりの手仕事 刺繍

TV

NHK紹介ページ 大図まことさんという方のクロスステッチに興味を持つ。8/17にも再放送

映像の世紀プレミアム 

TV

恥をさらすことながら、現代史をちゃんと理解していない自分にはとてもわかりやすく説明してくれるこのシリーズ。 「第9集 独裁者 3人の狂気」 ムッソリーニ、ヒトラー、スターリンの台頭と最期までをまとめてあった。ムッソリーニとヒトラーを一緒くたにし…

江戸は燃えているか

PARCO特設ページ江戸城無血開城前の勝海舟と西郷隆盛の対談を三谷幸喜流に仕立てたもの。得意のなりすましのドタバタが核になっているけれど、勝家出入りの庭師の松岡昌弘が勝海舟のなりすましにならされて、植木の話をしているのだけど、西郷隆盛を感心させ…

ありふれた奇跡

TV

2009年1月からフジテレビで放映されていた連続ドラマ。山田太一脚本。当時はみていなかったのだけど、日本映画専門チャンネルで放映され、よい評判もきいたのでみてみる。 ある事故から人生に絶望して自殺しかけている陣内孝則扮する男をたまたま居合わせて…

裁判長のお弁当

日本映画専門チャンネルで放映された東海テレビのドキュメンタリー傑作選にて。2007年の作品。平成ジレンマというタイトルの東海テレビのドキュメンタリーについてアナウンスしているブログから ナレーション:宮本信子 プロデューサー:阿武野勝彦 ディ…

在宅死 "死に際の医療"200日の記録

オフィシャルサイト この特集の小堀医師は、面倒をみる家族の健康を含めての在宅医療という考え方でそこはとてもよいと思った。人が何人か一緒にいる場合、それぞれの都合の折り合いって本当に難しい。いくら立派な理念であっても笑顔で対応できなければしょ…

ニッポン・サポート・センター

平田オリザの劇団、青年団の舞台を深田晃司監督が撮ったもの。日本映画専門チャンネルの「いま。映画作家達は。」 という特集で録画したものを視聴。深田晃司監督、先日はじめてみた「ほとりの朔子」*1、ほんとに惹きつけられ、以来気になって。「ほとりの朔…

最後の講義 「大林宣彦」

TV

NHKドキュメンタリーで。とりあえずのメモ。自分が若々しい感覚の作品を作れるのは、旧い映画をたくさんみてきたからとおっしゃっていた大林監督。CS衛星劇場で「いつか見た映画館」という映画史を追いながら映画を紹介する番組をされており、本も上梓された…

光と影 〜光市母子殺害事件 弁護団の300日〜

日本映画専門チャンネルでの東海テレビのドキュメンタリー特集で視聴。(こちら) この番組をみて弁護団への印象変わったなあ・・ 橋下弁護士が言いだしていた弁護団への懲戒請求のはなし、こういうことだったのか・・と最近も思う事ありで・・

近松心中物語

wowowにて宮沢りえの情感の出し方は◎。 でも、近松の言葉そのままで演じている文楽等の方がリズム上もよいなあと思ってしまう。上方の言葉がおかしいのも気になって仕方なくて・・

Mother

TV

ドラマ「カルテット」で坂元裕二氏ってよい脚本を書かれるなあと遅まきながら気が付いた私。その次に放映された「anone」もみて、さらに日本映画専門チャンネルによる再放送枠で「anone」の源流のようなこの「Mother」にたどり着いた。*1 「Mother」の本放送…

実を申せば

wowowの紹介ページはこちら マキノノゾミが2003年に作と演出を手掛けたシアターナインス第5回公演。九代目松本幸四郎(現・白鸚)と杉浦直樹が、昔鳴らした伝説の詐欺師コンビ役で初競演した。笑いと感動の末に、観客を幸せな気持ちにさせた噂の舞台。 シア…

平成紅梅亭100回記念番組 

TV

11/21の放映を録画鑑賞。 桂米團治 「 稲荷俥 」 桂福團治 「 薮入り 」 笑福亭松喬 「 へっつい幽霊 」 桂文枝 「 惚けてたまるか! 」桂文枝の新作落語 「 惚けてたまるか! 」、普段シニア世代の方と接することが多いので、しゃべり方の特徴などリアルで…

新・座頭市 第三シリーズ 16話 「迎え火・送り火・灯籠流し」

TV

倍賞美津子さんお若い!見かけによらず、実はお姉さんより尽くす女タイプとかきいたことがあったけれど、これはまさにそういう役。けなげでぴったりはまっている。森一生監督作品とのこと。(こちら参照)浦辺粂子さん、出てこられるとぬくもりや現実味があ…

子供の事情

wowowで三谷幸喜の舞台「子供の事情」を。 10歳の小学生を大人が演じるという事でしんどいものになったら・・という危惧があったが、全くだった。子供には子供の事情がある、10歳ともなれば姿が子供なだけで、子供の時の気持ちや苦悩って大人になってもその…

ザ・ベストテレビ2017

TV

録画していた「ザ・ベストテレビ2017」を一部みる。(こちらに詳細が) 「人生フルーツ」を再見したが、いつ見ても心が落ち着く。 「NHKスペシャル ある文民警察官の死 カンボジアPKO23年目の告発」が流れた後、梯久美子さんがおっしゃってた、自分の行為が…

医師の闘病から読み解くがんを生きる新常識

TV

番組ページわかりやすく身近に感じられる番組作り。 柳生博さんの隣に座っている宮崎美子さんや、患者として参加しておられる方(話される感じがいいのでこの人に話が集中 ちょっとドラマ「anone」の阿部サダヲのようなところもある方←日記と時間が前後)へ…

ヨシタケシンスケさん

NHKの朝の「おはよう日本」でヨシタケシンスケさんという絵本作家の方が出てこられはっとする。 「もうぬげない」って絵本に惹かれた。考えすぎの魅力。 ほぼ日に特集あり。もう ぬげない作者: ヨシタケシンスケ出版社/メーカー: ブロンズ新社発売日: 2015/1…

モリのアサガオ

TV

2010年に放送していたドラマ。公式サイト。CSホームドラマチャンネルで今再放送をしている。本放送時の評判を思い出し毎週みている。 椿屋四重奏の「マテリアル」というエンディングに重ねて流れる次回予告。内に何か秘めた死刑囚ARATAのたたずまいとぴった…