ヴェロニカ・レイク

ふや町映画タウンのおすすめ作品がアマプラに出ていたので観てみる。

グレアム・グリーン原作の「拳銃貸します」とルネ・クレール監督の「奥様は魔女」。

 

 

 

両方ヒロインがヴェロニカ・レイクという女優さん。

www.imdb.com

 

以前「サリヴァンの旅*1でも「乾いたユーモアをもつヴァンプ」という言葉に頷いたが、彼女のことを「フィルム・ノワールファム・ファタール」などと一言で解説してあるサイトもあるが、そこで終わっていないキュートさ、かわいらしさが特徴だ。アニメでたとえると「リボンの騎士」に出てくる悪魔の娘へケートのような感じ。

dic.pixiv.net

「拳銃貸します」では、クラブでの彼女の手品シーンがかわいらしく、自立していて秘密もあるけれどつきあっている警官にはとても誠実という造形が魅力。彼女を事件に巻き込むアラン・ラッド(「シェーン」*2の人)演じるかっこいい殺し屋のほうが警官より一枚も二枚も上手なんだけど一番大切なものがわかっている彼女の賢明さ。手品を使う彼女だからこそのプロットも生きている。アラン・ラッドが猫好きという設定になっていて猫が彼の心持ちに深く関係するところにもフィルム・ノワールらしい魅力。

奥様は魔女」は、あの有名なTVシリーズの元になったともきくが、魔女とその父が人間に復讐するためにやってきてという事の発端のほうをコミカルに描いていてその後の日常を描くTVシリーズよりドラマチック。ルネ・クレールの演出がお茶目で愛すべき一編。ヴェロニカ・レイクも「なんでこの美女が!」というような「うる星やつら」や「花嫁はエイリアン」*3のような可憐さでとてもいい!そういえば、「花嫁は~」でかわいいヒロインを演じたキム・ベイシンガー、「L.A.コンフィデンシャル」では、ヴェロニカ・レイクを意識した片眼にかかったヘアスタイルだった。製作者たちもキム・ベイシンガーヴェロニカ・レイクを重ねているな、きっと。

↓予告編をみているだけでも楽しさが蘇る「奥様~」。

 

www.imdb.com

四重奏

バルカン超特急」と「ミュンヘンへの夜行列車」を観た記事*1にも少し書いたけれど、この二作品に出てきて私の気持ちをさらったイギリス人紳士ペア

バルカン超特急」より

「バルカン超特急」のwikipediaによると

ノウントン・ウェイン英語版ベイジル・ラドフォード英語版が演じたイギリス人の乗客2人は、1940年のキャロル・リード監督の『ミュンヘンへの夜行列車英語版』(プロデューサーが本作と同じエドワード・ブラック英語版)にほぼ同じ役で再登場している。また役名は異なるが、1945年の『夢の中の恐怖英語版』や1948年の『四重奏英語版』にも出演している他、日本では公開・発売されていない8作の映画にコンビで出演している。さらにBBCラジオでは2人が出演するラジオドラマシリーズにもなった(チャータースとカルディコット英語版参照)。

と書かれていて、ゴルフやらクリケットやらのことしか頭にないのに、主人公たちに巻き込まれるあの二人の存在がなんといっても二作品の魅力と感じたので、他の作品の彼らも探してみることにしての、「四重奏」鑑賞。サマセット・モーム原作のオムニバス。

 

四重奏(字幕版)

四重奏(字幕版)

  • ベイジル・ラドフォード
Amazon

 

 

お二人の出演場面わかるかなと思いながらの鑑賞だったが第一話に登場。すぐにわかった。

右側の人の話にツッコミを入れる左の人。クリケット、テニスなどの英国ネタが登場。

第一話はこの右側の人の息子に関するお悩み話が主題でくすっと笑える感じであった。トップに持ってきて正解。

四話とも「家族と暮らし」のような話がテーマでとっつきやすいのだが、一番いいなと思ったのは第四話の「大佐の奥方」。詩なんかまるで興味がない大佐の妻が大佐に黙って出した詩集が大評価され、その上品だが官能的でもある内容に皆の憶測が広がるが・・というストーリー。妻のことを家の備品みたいに思っている夫の表情の変化が面白いし、痛快。第二話「変わり種」は息子の進路に関するちとシリアスな流れにとまどう。もう一展開ほしいところだった。第三話「凧」は、凧マニア一家と嫁の攻防で現代におきかえられそうでもある。まとめ方は変わってきそうだが・・

華麗なる激情

 

年末に買いためたパンフレットを整理しようかと思い立ち三谷幸喜氏の2002年の舞台「You Are The Top」の時に買ったものを眺めていたら「三谷幸喜の“ライバル競演”映画ならこれだ!!!」という興味深いコーナーが出てきた。「You Are..」は、男同士ライバルの小粋なストーリーでもともと市村正親鹿賀丈史が演じるはずだったのが、ぎりぎりの鹿賀氏の病気降板で浅野和之氏が代役を務めたもの。結構時間のない環境でのピンチヒッター、本当に客席からの応援の熱気もすばらしく思い出深い舞台だった。あそこからのただいまの大河への道筋を感じる。そして、三谷氏の選んだ映画の中にこの「華麗なる激情」も紹介されていて早速借りてみた。

ミケランジェロがシスティナ礼拝堂の天井画に取り組んだときの教皇ユリウス2世との愛憎を描いたもの。第38回アカデミー賞の撮影、美術、音響、作曲、衣裳賞と5部門にノミネートされたそう。それらのものは壮麗でその時代の絵を観ているようだったし、冒頭、ミケランジェロが本来の仕事と思っていた彫刻の紹介がかなり丁寧にされているところ、礼拝堂の絵画についても解釈論に踏み込んでいるところはとても好ましかった。

ただちょっと画面が単調で、絵画に取り組むミケランジェロといつ仕上がるか見に来る法王の姿の繰り返しが多く、これ、ヤマザキマリさんが漫画で描いた方が面白いものができるのじゃないか?と思ったりもした。私が外国映画の史劇的なもの苦手、というのもあるのかもしれない。壮大なんだけどドラマ部分にいまひとつ入り込めないような印象をつい持ってしまう。

世界史に疎い自分にはミケランジェロメディチ家との関わり、今みたいに平和を唱えるわけではなく好戦的な法王というのも新鮮で、経済(献金)のために枢機卿を増やす話などもなにか「ゴッドファーザー part3」につながる物語みたいでこれからのとっかかりとして興味深くもあった。

監督のキャロル・リード、実は「第三の男」*1もあの音楽とオーソン・ウェルズ登場のシーンは良かったけれど他の流れには少し辛気臭さを感じたところもあったりして、悪くはないのだけどちと今後注意しながら付き合っていこうかななどとも思った。

三谷幸喜氏はハリウッドの肉体派俳優チャールトン・ヘストンミケランジェロ役)がイギリスの舞台俳優レックス・ハリスン(法王役)にひけをとっていないところも評価している。そして、「みんなのいえ」の田中邦衛の演じた棟梁はこのヘストンのイメージだと。ふむなるほど。それは頷ける。

私はチャールトン・ヘストンというとマイケル・ムーアの「ボウリング・フォー・コロンバイン」でライフル協会の会長として嫌な役回りで登場したことを思い出してしまったが、wikipediaを読んでいたら、人種差別反対運動なども熱心だったようで、一を見て十を知ったつもりになることは慎まねばなと思ったりも。

「ミュンヘンへの夜行列車」と「バルカン超特急」

英国の監督で脚本家であるシドニー・ギリアットのことがtwiterで話題になり、監督作品の「絶壁の彼方に」*1は楽しんでいたので脚本担当の「ミュンヘンへの夜行列車」を鑑賞。

 

この作品について同じくシドニー・ギリアット脚本でヒッチコック監督「バルカン超特急」の二番煎じだけどちょっと面白いなんてきいていたのだけど「バルカン〜」の方については、以前観た記憶からは列車で誰かがいなくなる、という部分だけしか頭に残っていなく、「ミュンヘン〜」をぱっと観た時にはどこが重なっているのやらわからなかった。

なので「バルカン超特急」の方も再見。

 

バルカン超特急(字幕版)

バルカン超特急(字幕版)

  • マーガレット・ロックウッド
Amazon

英国人とナチス(やそれを思わせる敵国)との攻防、といってもそんなにシリアスでなくてハラハラしながらも愉しむシーンの多い作品であるところ、そこにスパイも絡ませてあり、お嬢様ぽい勝気で芯のある女性が狂言回し的に出てくる要素、そして鉄道の登場、国境越えというエッセンスなどが共通点として感じられたけれど、当初きいたみたいな二番煎じ感はもたなかった。

検索してこちらのサイトなど拝見していると、冒頭のシーンが被っていて話題になっていたとのこと。改めて二作品の冒頭シーンを見直したら、スイス風の山小屋のようなところを俯瞰から映していってまるで人形劇のような始まり方をするところはそっくりだった。

ミュンヘン〜」は都合よく展開していくところもあるのだけど三谷幸喜の良くできた作品のような心地よさがあってその壮大なホラ話にのるのが快適、という気持ちにさせられる。ナチスの役人の言い訳なども三谷幸喜のご先祖的な香りがした。

ミュンヘン」より「バルカン〜」のほうがより盛り沢山に群像ドラマが仕掛けてあるが、両方に出てくるのが、自分の趣味にのめり込んでいるだけの英国人男性ペア。(wikipediaによると同じコンビだったらしい)このひとたちの動きが映画を盛り上げるし、英国映画の愉しさをとても味わわせてくれる。

「バルカン〜」を最初観たとき*2、ハラハラを愉しむ映画ということを理解しておらず、最後まで観て「ここまでの騒ぎは一体どういうことを本国に伝える目的だったのか?」などと野暮な感想を持ってしまったが、今回は大活躍するマイケル・レッドグレイヴはじめからんでくるキャラクター造形の伏線が素晴らしく生きる展開を堪能し大いに楽しめた。

この記事で言及した「絶壁の彼方に」「ミュンヘンへの夜行列車」「バルカン超特急」、いずれもふや町映画タウンのおすすめ作品。そうそう「バルカン〜」は舞台を架空の国に設定して、そこではこういうこともありという流れにしているのが「絶壁〜」と共通点だった。今回も「バルカン〜」を確認のため何度か部分的に見直したけれど繰り返しみればみるほど巧妙な伏線に気がつきさらにさらに楽しめた贅沢な作品。さすがヒッチコックって感じかな。

ぼくの美しい人だから

 

随分前にラブストーリーのおすすめ*1の話をHP掲示板でしていた時すすめられいつか観ようとそのままになっていた作品。 

住む世界も年齢のつりあいも全くとれていない、きっかけといえば酔った上での行きずりの関係からの二人の物語だけど描写が丁寧で説得力がありそれぞれの持っている痛みを癒やすにはこれが自然なんだなと思わされる。

アメリカ映画らしいまっすぐさが心地よかった。

絶望してデスペレートになっているけれどまっすぐな主人公ノラは、はっちゃけた役もまじめな役も達者なスーザン・サランドンにぴったりの役。

闇に抱かれて

映画 闇に抱かれて (1982)について 映画データベース - allcinema

 

武田一成監督のロマンポルノ。(1982)「おんなの細道・濡れた海峡」*1など今までに観た作品の抒情が好きだし冒頭藤子不二雄作品のごとき昭和の半ズボン小学生達の空き地野球シーンから始まったところは大いに歓迎。行為のずばりの表現は反復的な感じで早く終わってくれないかなという気持ちになったりするので今回はちょっとその時間が長いと感じてしまった。仕方ないことかもだが。脇として出てくる北見敏之の、浮遊した存在感がただならない。同年作の「キャバレー日記」*2でも素晴らしかった。途中ジュークボックスから流れるキヨシローさんの「上を向いて歩こう」。メッセージは好ましい。

三宅島の風景満載。

マンハッタン・ラプソディ

 

年を重ねてからのローレン・バコールの姿がとてもいいときいての鑑賞。バーブラ・ストライザンド監督、主演の映画で主人公の母親役がバコール。確かにとても素晴らしいし、お飾り的な出演でなく容貌コンプレックスの主人公の母親というポジションは大事な役周り。幼い頃のエピソードなどユダヤ系ならではの逸話も盛り込んであるように感じた。ストライザンド演じる文学教授は肉体関係なしの友愛的結婚を女との性愛トラブルに懲り懲りしたジェフ・ブリッジス演じる数学教授とするが。。というストーリー。夫の考え方が二元論的でじりじりするが、二元論との葛藤対決って結構自分も日常で経験しているな。

ストライザンドの演じている講義風景はとても魅力的。伊藤比呂美さんの早稲田の講義ってこういう空気流れていたのでは?と思うような雰囲気。