ノートル=ダム・ド・パリ

先日Eテレの番組「100分de名著」の再放送で、「ノートル=ダム・ド・パリ」を取り上げていて興味を持ち、映画化作品三本を観てみた。www.nhk.or.jp

 

みたのは以下の三本。

映画化では結末も、登場人物の役回りもテレビでなぞった原作と同じところ、違うところなど様々であった。

 

eiga.com

 

movie.walkerplus.com

 

eiga.com

 

ふや町映画タウンの大森さんとも話していたのだけど、1923年の無声映画版が一番映画としてよい感じがした。本の中に迷い込んだような風情。そして、1956年版はカラー作品でとてもわかりやすい感じはしたが、ちょっと紙芝居的というか、こんな時のたとえでどうかと思うけれど、溝口版「残菊物語」*1と大庭版「残菊物語」*2みたいな差を感じた。

「100分de名著」の鹿島茂氏の説明で、ヴィクトル・ユゴーは、父と母の教育方針がまるで違っている二律背反的な家庭で育ち、引き裂かれた自己のような部分があると知ったが、登場人物の中で聖職者のフロロというのがまさにそういう人物で、ジプシーの女、エスメラルダに興味を持ってしまう苦悩は1956年版が一番はっきり描いていたみたいにも思う。(悩んでますよ、とくっきりと)。1923年版と1939年版では、フロロのやらかすことを、フロロでなく弟のことにしてあって話が整理してある。(聖職者じゃマズいから?)1939年版の弟(フロロ伯爵となっていて、聖職者自身にはしてないが、原作のフロロの感じを受け継いでいると思う)のいいわけは、いってることは無茶苦茶にみえるが(俺を狂わすあの女がいけない、女を断罪せよと自分の罪をなすりつける)、混乱した自己に整合性をつけようと必死な感じ。追い込まれし優等生的なものもあり、屈折した色気も感じた。サー・セドリック・ハードウィックという俳優さんが演じたらしい。

ルイ11世時代の話のようだが、王よりも強大そうな教会の権威、それへの民衆の反発みたいなのがそれぞれの映画で形を変えて描かれている。しょっぱな出てくるのが、変な顔コンテストみたいなイベントで、件のノートルダムの鐘撞き男カジモドが祭り上げられるのだけど、1956年版では「バカ法王選び」みたいな呼び方をしていて、大胆。その前も聖劇に大衆があきあきしているシーンからのスタートだし。

ルイ11世はどれも割合親しみやすい感じに描かれていたと思う。1939年版の王についてはこちらのブログに詳しく書かれている。

「100分de名著」でも、原作に映像のようなすばらしい描写がなされていることが語られいたけれど、確かにノートルダム大聖堂ガーゴイルと、カジモドの様子などはとても調和していて絵として完成している。(特に1939年版。1923年版もいい。)

ジプシー娘エスメラルダは1923年版は可憐、1939年版は凛とした美女、1956年のジーナ・ロロブリジーダが一番それっぽいかな・・でも、可憐なサイレント版も好きだなあ。小さい時に両家からさらわれたというエピソードもさもありなんな感じで。

ヤギを使った芸、それがまた魔女ということになる流れなど非常に中世的であった。

鹿島茂氏も、「100分de名著」のコラムで「ノートル=ダム・ド・パリ」のごったまぜ感について書いておられたが、さまざまな要素が盛り込まれている感じで、どこの部分を活かすかで映画の雰囲気も変わってきていると思われる。

テレビで映像が使われていたのは1939年版。

あとからノートルダム寺院の鐘のことをみていると、それぞれに名前がついていたりして、物語の中でカジモドが説明していたのを思い出す。

ドキュメンタリー映像集成 文化・記録映画でよむ現代日本 第1期 7 子どもたちと民主主義-シリーズ2

webcatplus.nii.ac.jp

 先日ETV特集*1で羽仁進の「教室の子どもたち」の、脚本なしで子どもにカメラに慣れてもらう手法でのドキュメンタリー撮影についてとりあげられていて、興味深くみていたのだけど、今回その現物をみることができた。

それとは対照的に脚本のあるドキュメンタリー「子ども議会」の方も観る機会を得た。

映画の現場にいらっしゃる神戸山さんのブログ「二ペンスの希望」に「子ども議会」についてこう書かれているのだけど、

イマドキならヤラセだと批判されかねないほど「言わされている」感丸出しの子供たちの演技。しかし、棒読みセリフの隙間を縫って、子供たちの〈素〉の姿が仄見えてきて、実に微笑ましいのだ。当時の少年少女たちの純情なる〈地肌〉が生き生きと伝わってくる。

確かに、言わされている向こう側に子どもたちの地肌がみえた。ちょっとした小競り合いが起きているシーン、この子どもたちの言葉遣いや呼吸がいかにも東京の下町の子という感じで楽しい。またまず驚いたのは昭和27年のこの作品、慶応病院の近くの四谷左門町だとかそのあたりのエリアのようなのだけど、まだまだ焼け野原ばかりにギリギリ家が建っているような状態であったこと。どんな戦争のドラマよりもリアルに戦禍を実感した。日常の中の風景だからこそだと思う。

「教室の子どもたち」は時代を超えて、こどもたちの表情は楽しかった。ETV特集でも近年のお姿を確認できた方も出ておられて。中で使われていたどの子と仲良し、どの子が苦手、なんていうソシオグラムの調査などはとんでもないものをはらんでいるように感じたが。。

 

あと羽仁進が脚本を書いた1951年の「はえのいない町」という作品。これには驚いた。1951年ってこんな状態?と思うほど学校の中も魚の運搬にもはえだらけ・・だけど、確かに60年代前半生まれのわたしの小さい時、はえとり紙とかトイレや居間にぶら下がっているおうちもあったし、魚屋さんの店頭も結構はえが来たりしていたなあと思い出した。今の状況からみるとほんとにびっくりなんだけどこんな時も確かにあった。こどもたちの取り組みという風に作られているが、事実をそのまま追うドキュメンタリーというより科学読み物的にはえの卵から孵化していく様子などがとりあげられている。

 

1956年の「九十九里浜の子どもたち」も、義務教育にもいけないで、漁師の手伝いや子守りにかり出される子供たち、そして守りさせられている子どもを連れての登校などこれも、張芸謀の映画か?と思うような状況。でも自分の生まれる数年前までこんな状態だったんだな、そのあと、一億総中流みたいな時代が来るんだななどと思いを馳せた。

 

そして1954年の「月の輪古墳」。岡山県で住民が協力して古墳を調査、掘り出す話だけど、これまた住民の協力ぶりに驚いた。町内会でさえ離れていく人が多く、昭和とは違うなあという気持ちになっている今みると、この作品のような、地域の人間が心をあわせていた時代からなにがあって今に至っているのか・・自分たちが70年代後半によくいわれていた「しらけ世代」みたいな言葉、あの辺からもう今に至る道を歩んできたのかな、などとも思った。今、新しい形での助け合いというのがやはり必要だなと個人的には思っていて、強制的に全員参加なんて絶対無理だけど、たとえば学生さんがお年寄りの手伝いをするシステムなど作り始めている団地の話などにはとても興味がある。自発的ということがとても大事なキーなんだろうな。

町内会組織、去年久しぶりに役をしたとき、もっと広い地域の町内会長連合会の姿勢なども有無もいわせずずっとやっていることを強制する昭和からの空気はなりをひそめ、とても自由度の高いものになっているのだけど、有志だけの集まりみたいになりかけている。今年は新型コロナウィルスの影響で京都でもさまざまな地域の行事が早々に中止を決めていて、その中でやれる形を模索するのでなく、ちょっと面倒だったからという理由で廃止する良いきっかけと考えている向きもありそうで、もちろん、精査はしていくべきなのだけど、個人に負担はよくないけれど、最低限なにかあったときに機能できる地域コミュニティの良い姿ってないものか、地蔵盆というのは難しい形でなく、近所の人とちょっと知り合えるよい機会なのに・・と気になっている。

町内会活動に関していえば災害への備えなど積極的にされ町内のプールしているお金から備蓄を買ったりという取り組みをされているところなど、自分が役をしておきながら、そこまでの実行力がなかったので、反省したりもしている。古い良きことはかろうじて守れても新しいことをする胆力はなかった・・

ドキュメント日本幻夜祭・1971 三里塚、ベンポスタ子ども共和国

行きつけのビデオ店、ふや町映画タウンの在庫リストから気になって見てみた。いずれも青池憲司監督。

「ドキュメント日本幻野祭」

 

日本幻野祭三里塚1971 [VHS]

日本幻野祭三里塚1971 [VHS]

  • アーティスト:オムニバス
  • 発売日: 1999/09/20
  • メディア: VHS
 

 

ビデオについていた解説によると

1971年8月14,15,16日の3日間、成田空港建設反対闘争の最中、三里塚青年行動隊主催により〔アートフェスティバル”日本幻夜祭り~三里塚で祭れ”]が開かれた。当時の三里塚は10月に予定される第2次強制執行を前に一時的な休戦状態にあった。そこで紛争の骨休みをかね、また秋の決戦に備え団結心を誇示するため「村祭りでも」と、なった次第だ。

 とのこと。ストレートタイプな感じのジーンズとTシャツといういでたちの人が多かったり、裸になってトランス状態を作り出しているような人々*1学生運動の言葉遣いなど、こういう時代の空気だったなとはとても感じた。脚注で引用した阪本さんのブログにも書かれていたし、ビデオにはさまれていたリーフレットにも記されていたけれど、そこに一堂に会しているロックファン、農民、運動している学生、それぞれの意識の差は感じられた。中年になってからみたもので、もし、自分の地域で何かが起こって反対しなければいけない事態だった時、こういう風に外から人が入ってきたら、ありがたい、だけではすまない意識の差というのが絶対あるだろうなと感じた。

 

ベンポスタ子ども共和国」

movies.yahoo.co.jp

は、スペインのオレンセ市郊外で学習と労働とサーカスの練習という共同生活を送っている6歳から18歳までの子どもたちの暮らしを撮ったもの。(少しの大人も一緒に住んでいる。でも、管理とかではなく、規律のある自治寮的な雰囲気。サーカスの収入が運営の経費をかなり賄っている。)画面から伝わる、自分で自分の生活の中で感じたことを話し合って改善していく感じは健康的だった。よきものを求めて共同体に入る気持ちはカルトといわれる集団に入った人にもあるだろうけれど、分かれ目はどこなんだろう・・

日本から来た子どもたちの初日の緊張した表情、その後の暮らしが特に密着というわけでもなくさらっと描かれているところ、会議で、共同体で飼っている犬の飼い方について問題視している子どもの提案や、自主自立ゆえにみんなが好まない仕事に手を挙げる人間が少ない苦労のつぶやきなど、子どもの生の気持ちを身近に感じられる場面を拾っているところに共感した。

 

青池監督は2018年にも東日本大震災で被災した石巻の小さなコミュニティについての映画『まだ見ぬまちへ〜石巻・小さなコミュニティの物語〜』を撮り、2018年 第92回キネマ旬報ベスト・テン 文化映画ベスト・テンの第10位に選ばれているそう。監督は人と人が協同していくというテーマを持っておられるのだろうか・・

aoikegumi.shinsaihatsu.com

 

*1:阪本裕文さんという方のブログによると「ゼロ次元」の全裸パフォーマンスとのこと。そして、「ゼロ次元」というのは、調べたら、秋山祐徳太子や、60年から70年代の映画をみていると時々見かける「ハプニング」のパフォーマンスと関係があって映画「薔薇の葬列」にも出ていた人たちらしい。当時耳にしていた「ストリーキング」とも関係あるようだ・・・

魔界ドラゴンファイター、0088皇帝ミッション

行きつけのふや町映画タウンチャウ・シンチー出演作品リストに未見の作品が載っていたので借りてみた。

 

魔界ドラゴンファイター【字幕版】 [VHS]

魔界ドラゴンファイター【字幕版】 [VHS]

  • 発売日: 1997/06/06
  • メディア: VHS
 

 こちらは、ふや町映画タウンのオススメ(☆ ちょっとおすすめ!)作品。羅漢や千手観音など天界の方々ご出演の笑いと救いの冒険譚。

少林サッカー*1などチャウ・シンチーの監督・主演作品によく相棒として登場するン・マンタが、こちらでもたぬき風の間抜けで愛すべき愛敬全開。

チャウ・シンチーは、元々ハンサムだし、カリスマぽい振る舞いをする時、神々しくてすかっとするのだけど、(そしてその後、そのままいかない可笑しさも一緒に味わえるのだが・・)今回も天上の「降龍」という役柄で、降龍とは「慈悲を持って他の衆生に救済の手を差し伸べることを意味」*2するそう。間の抜けたところもあるけれど、人類のために奮闘する姿がシンプルに楽しめるし、だからといってべたべたにならずに落とすところは落とす、それがまた思い切って!という香港映画の波状サービスが発揮されていた。マギー・チャンも心根はかわいい娼婦役で大活躍。美しさとコミカルさのバランスが良し。贅沢な逸品だった。


f:id:ponyman:20200705084659j:imageいきなりのオバQ登場も・・

 

 もう一本みたのは

チャウ・シンチーの008 皇帝ミッション [DVD]

チャウ・シンチーの008 皇帝ミッション [DVD]

  • 発売日: 2005/07/01
  • メディア: DVD
 

 こちらももちろんVHSで。(VHS専門店ゆえ)

007のパロディ。「魔界~」の方がオススメ印ついてたのね、と頷いてしまうようなゆるさはあった。ン・マンタも出てこないし。が、観る人を楽しませる起伏があり、愛すべき映画ではあった。

ゆるくて間抜けな皇帝警護もの(しかもその職を外されている時はチャウ・シンチー演じる主人公は医師の仕事をしている)。宇宙人の解剖で出てきた宇宙人とか、ずばり超有名なハリウッド系映画からのパロディ(多分「未知との遭遇」だと思われるが、みてないので推測)っぽいし、ほかにもたくさん引用が散りばめてありそうだったが、わかってなくて。

チャウ・シンチーの奥方役、カリーナ・ラウ、元気でかわいい魅力。敵役となるカルメン・リー(で、いいはず)、美しくて迫力があった。

 
笑顔とハート3つ

 

 
目が笑っている笑顔

 

 
ハートの目をした猫の笑顔

 

告訴せず

 

 

告訴せず

告訴せず

  • 発売日: 2016/12/01
  • メディア: Prime Video
 

  

選挙にまつわる裏金の話。なんだか今、旬ともいえそうな。。青島幸男演じる主人公が、裏金ゆえに表沙汰にできないのをいいことにそれを横領して逃走→投資で増やす→それを狙う連中というコンゲーム的な作品。松本清張原作。

加藤嘉さんがその道の老練みたいな役で出てくるのだが、素晴らしき存在感。(田中登監督「蕾の眺め*1の伝説のストリップ振付師なんかもとても良かった!)

f:id:ponyman:20200630063550j:image

加藤さんは出演冒頭からの不穏さステキ。(一瞬坊屋三郎さん?と思ってしまったが)↓


f:id:ponyman:20200630204646j:image

青島幸男氏、主演みるの自分は「意地悪ばあさん」以来?これも嬉し。

松本清張らしく?後味もそんなによくない(みうらじゅん氏が時々いってるけれど調子に乗っているヤツに対し戒めっぽいのかな・・)けれど、ご託宣からの小豆相場、モーテル経営などドロドロとした昭和風味は楽しめる。

 
笑顔とハート3つ

安重根と伊藤博文


f:id:ponyman:20200618171630j:image

f:id:ponyman:20200618171650j:image

 

北朝鮮で1979年に作られた映画。

神戸映画資料館での「映画で知る朝鮮」という上映会の時の解説はこちら↓

 

kobe-eiga.net

 

最近観た韓国の映画に比べると、口調などは韓国映画のそれとは違って、北朝鮮の放送できくあの調子だけど、作品の姿勢に特に偏りは感じなかった。安重根の生涯や心情を追いつつ、テロリズムは否定している。法学館憲法研究所というサイトの「シネマde憲法」というコーナーにもこの映画のことが取り上げられているが(こちら)、確かに伊藤博文の暗殺は知っていてもそれに至る歴史的事実は知らないことだらけで、考えさせられるし、調べてちゃんと知っていきたいなと思った。この映画をきっかけに検索していたら、龍谷大学の社会科学年報に載っている安重根に関する論文などに行き当たり、そこから戦後問題の整理についても、自分は門外漢だが、考えるきっかけになった。

この映画で伊藤博文役の俳優さんは昭和時代の千円札でなじんでいるあの感じそのまま。(ほくろの感じなども)そして前述の龍谷大学の論文の中で田中宏さんという方が書いておられるのが、伊藤博文のお札ができた頃(1960年代)の日本の話。これまた印象深く映画とともに私の頭に残りそうだ・・そしてこのVHSが松竹から出ているというのも心に残る。松竹、中国の良作などもVHSでたくさん出しており、この手の事業今はどうなっているのだろうか。。

そうそう、この映画でも先日観た韓国の「鯨とり」*1でも鉄道唱歌のメロディーが流れるシーンがあるのだけど、半島の鉄道唱歌事情について書いてあるこちらのブログも興味深く拝見した。

一人息子

 

あの頃映画 松竹DVDコレクション 「一人息子」

あの頃映画 松竹DVDコレクション 「一人息子」

  • 発売日: 2013/07/06
  • メディア: DVD
 

小津監督の初トーキー作品とのこと。飯田蝶子が信州で苦労して育てた息子を訪ねて上京するストーリー。のちの「東京物語」と骨格は似ているように感じた。青雲の志で東京に出た担任の教師の現在の姿をながめるところは「秋刀魚の味」のごとし。戦後の小津映画のエッセンスが戦前の作品にすでに息づいているんだな。

上京してみたら息子は勝手に結婚していて・・と親にしてみれば筋を通してもらえない悲哀もあるのだけど息子にしてみれば故郷に錦を飾れないで人ごみに流されているような現状で報告せず、それが可能かどうかは知らないが、もうちょっとぱっとしてからにしたいという心遣いからくるのかもしれない。この「報連相」の欠如は。精一杯故郷のおっかさんをもてなしたい気持ちは伝わった。おっかさんはおっかさんで、できるだけ息子のことはいいように考えたいもの。故郷に帰っての思い出話、良い話しかしなくても嘘や虚栄はない。よくわかるなあ。

トーキーが珍しかった時代ということで途中おっかさんにトーキー映画を紹介するシーンあり。(宮崎祐治氏の「東京映画地図」によると、場所は帝国劇場だったよう。)

突貫小僧が息子の東京の住まいの近所の子どもとしてかなり出番多し。大事な役。「忘れられぬ人々」*1で晩年の姿をみて以来、突貫さんの出番をますます楽しめるようになっている。このいたずらっ子が晩年純情老人を演じるんだなとつながって。。

小津監督がゼームズ・槇名義でこの脚本を書いているけれど、脚本家のジェームズ・三木ってこの名前意識してのネーミングじゃないかな。。