デリンジャー

 

1973年 ジョン・ミリアス監督作品。

ふや町映画タウンのおすすめというだけで、予備知識なしに鑑賞。

1930年代に実在した銀行ギャング、ジョン・デリンジャーを描いたもの。ジョニー・デップが2009年に演じた「パブリック・エネミーズ」も同じ人物が主人公らしい。

ジョン・ミリアス監督についてwikipediaには

アメリカン・ニューシネマ文化の底流を引き継いだ叙事詩的かつアクション性を採り入れた大作が多い。

と書かれているが、確かに銃撃戦に次ぐ銃撃戦ではあるのだが、記録映画ぽいストイックさがあり派手すぎないし、FBIとの闘いを面白く描くところや田舎の父とのやりとりなど非情なばかりの人間ではない側面*1などにアメリカン・ニューシネマっぽい精神も感じた。

ジョン・ミリアス監督、「ビッグ・ウェンズデー」*2も名前が先行していたもので勝手に能天気なサーフィン映画かと思いきや、落ち着いて苦みもあるサーファーの映画で驚いたことがあったけれど、ミリアス監督についてのwikipediaにもあるように描いているのは時代そのものだったのかもしれない。

デリンジャー」でもFBIとギャングとの闘いの歴史のドキュメンタリー的な紹介があり、「Gメン」という名前の発生の説明など興味深いし、チャップリンを執拗につけ狙いアメリカに住めなくしたFBI長官 J・エドガー・フーヴァー*3や、チャップリンと仕事をしていた俳優ダグラス・フェアバンクス、そしてボニーとクライドも名前が出てくる。この映画もジョン・デリンジャーを通してその時代そのものを描いており、大恐慌以降、多くの人が貧窮してしまい生きていくための手段を選ばなくなった「北国の帝王*4などとも時代背景として結びついていることを感じたし、評判はまちまちだけど、ディカプリオがフーヴァーを演じた「J・エドガー」に俄然興味が起きてきた。

*1:ジョン・デリンジャーのwikipediaには父に勘当されたことしか載っていないが・・ギャングという不法行為は許されないが、大恐慌後の世の中で義賊的な色彩もつけられ皆がそれを歓迎するなら父も認めざるを得ないというシーンは落ち着いていてよいものだった。

*2:ビッグ・ウェンズデー - 日常整理日誌

*3:私はNHK BS1で観たフランスのドキュメンタリー「チャップリンとFBI 赤狩りフーバーとの50年」で知った

*4:北国の帝王 - 日常整理日誌

SING

 

スティーヴィー・ワンダーの「Don't  you worry about a thing」が

youtu.be

 

ラジオで別バージョンでかかっていて、調べたらこの映画で使われてることを知り、観てみる。

自分の固定観念アメリカ映画そのままのイメージの作品。ジプシー・キングスとかクィーンとか自分世代的な音楽が多く、その切り貼りは楽しめた。老女優のナナの姿は「サンセット大通り*1も連想させるし、未見の「女優ナナ」も観たくなる。音楽院出身の気位の高い、トッポ・ジージョのようなネズミのスタンダードジャズの演奏はどれも好ましかった。彼にまつわるシーン、アイルランドの音楽映画「ヒア・マイ・ソング」*2を思わすものが。お待ちかねの「You don't worry about a thing」はクライマックスシーンに。

青い山脈(1963)

www.nikkatsu.com

 

1949年版*1を少し前に観たので観比べ。前回杉葉子が演じていた女学生を今回は吉永小百合。前作杉葉子の挑むようなところがなく、健康的。そして、もめごとの原因もヒロインの不可抗力という設定にしてあるので、49年版の、「新しいものに対するもやもやした気持ち」が原動力となって暴走する守旧派が今回はただのいじわるみたいな単純な構造になっている。(そこには嫉妬の気持ちなども混ざっていると思えるが。)芸者 梅太郎と校医の関係も、49年版よりあっさりした感じで描かれているので、校医と進歩的な女教師がひかれあうのをシンプルにみられる道筋になっている。梅太郎を演じていたのが南田洋子で、木暮実千代みたいにねっとりしていないというのもあるかな・・南田さんなかなか良かった。

原節子が演じていた女教師は芦川いづみ。芦川さんのほうが威圧感がなくていい感じにみえた。そして二谷英明演じる校医もクセのない感じで好ましかった。

三島雅夫など前回と同じ役をしている人もいるが、メガネの友人は前回の若山セツ子のかわいらしさが際立つ。(今回出番も少なくなっていたと思う。)配役で前の方がよかったなと思ったのは彼女と、有名な手紙を読むシーンの藤原釜足かな・・今回手紙が読まれるその会議に出席している左卜全が場をさらった。

このバージョンはなんといっても高橋英樹演じる浜田光夫バンカラな友人ガンちゃんが魅力的。高橋さんのブログをみるとはじめての三枚目役でこの世界で食べて行こうと決心できた作品とのことだけどこの役は本当に良かった。さらに高橋さんのことが好きになった。

ameblo.jp

浜田光夫の役も前回は池部良だったが、これも浜田光夫の軽いタッチのほうが好ましくみえた。

今回は少しアクション的要素も加えてある。映画会社が日活になったというのもあるのだろうか?

関西の自分には親しめる彦根でのロケ。

49年版も63年版もふや町映画タウンのおすすめ。49年版は☆☆ 63年版は☆となっている。

63年版はシンプルな娯楽作品の体だけど、49年版は先ほど書いた会議のシーンなども集まった保護者の意見などじっくり描かれていて、戦後生まれて間もない民主主義というものを描いていたように感じる。原節子の演じた島崎先生もそれを体現する神々しさをまとっていたのかもしれないな。

 

 

広州殺人事件

 

「ハイリスク」*1バリー・ウォン監督。1994年。

チャウ・シンチー主役の法廷時代劇。彼は包青天*2という中国圏では大岡越前級に皆が知っているという人物の子孫設定。「ハイリスク」でも思ったが、これでもかこれでもかとすごい盛り込んであり、出てくる元ネタのことをちょっと調べた方*3がより楽しめる。ちょっと宮藤勘九郎のドラマみたい。

チョイ・カムコンという役者さん、ライオンのようなヘアスタイルとあいまって、松本白鸚ないし、丹波哲郎のような迫力。出てきて武闘を披露するところがとてもかっこいい。そして、その威厳を湛えながら急におとしめられたり、香港映画のアクターたちはほんと何でもやる。

六月に雪はwikipediaにも中国の故事では冤罪の代名詞とあったが、どこかでも出てきた気がするな。また、「苦しい時に餅を半分くれて・・その恩は忘れない」というエピソードはNHK BSで去年放映していた「中国共産党100年 “紅い遺伝子”の継承」で紹介されていた共産党員を助けた村民の物語で一大観光地となった「半分の布団」記念館のことを思い出した。「広州殺人事件」では美談に容赦なくオチがつけてあったが・・

ふや町映画タウンおすすめ(☆)作品。

*1:香港映画の門を叩く - 日常整理日誌

*2:包拯 - Wikipedia

*3:広州殺人事件 - Wikipedia   包青天が色黒で、ン・マンタが色黒ネタをさせられたりしていた、また私の勝手な想像だけど「お熱いのがお好き」とか「暴力脱獄」をほのかに感じさせるシーンなども・・

人生は長く静かな河

 

これも先日から観ているリュック・ベッソンおすすめとしてビデオシリーズ*1に挙げられた作品。(1988 エティエンヌ・シャティリエ)

赤ちゃん取り違え事件の話で、最初是枝裕和監督の「そして父になる*2はこちらの日本版?とも思ったりもしたが、検索して「そして父に〜」の詳細を少しづつ思い出すと「そして父に〜」の方はより問題に真面目にコミットしている作品、「人生は〜」は、取り澄ましたものたちの戯画化がとてもうまいコメディ、台詞にもあるのだけど「人生は長く静かな河なんかじゃない、一本道を進んでいけば済むものではないのだからくだらないこと悩まず自分で切り拓いてたのしいものにしていくしかないだろ」っていうさささっとスケッチした洒落た絵画みたいな、野暮なこというんじゃないよというような作品だよな、と思い直した。日常の描き方がとても入り込みやすく、おフランスなどと揶揄されるものとはかけ離れた面白さ。

タイトルにまつわる言葉をさらっと吐き才気を感じさせる美少年を演じたブノワ・マジメル、「王は踊る」*3や「ピアニスト」*4で冷たさと美しさと軽さを併せ持つような役をこなしている俳優か!

「チャオ・パンタン」*5でも当時のフランスでアラブ系移民の置かれている立場がさらっと描かれていたが、この映画にも出てきて、ニュースなどで触れるよりずっと身近に感じさせてくれた。リュック・ベッソンがおすすめシリーズを刊行するにあたってのフランスの色々な表情、表現に触れてほしいという気持ちはちゃんとこちらに届いている。

*1:『チャオ・パンタン』 『汚れた血』 『セリ・ノワール』 『人生は長く静かな河』 『料理は冷たくして』 『溝の中の月』 『サンタクロースはゲス野郎』

*2:そして父になる - 日常整理日誌

*3:王は踊る - 日常整理日誌

*4:「サムライ」と「ピアニスト」 - 日常整理日誌

*5:「料理は冷たくして」「チャオ・パンタン」 - 日常整理日誌

「料理は冷たくして」「チャオ・パンタン」

twitterで名前をみてなんとなく気になり仏映画「料理は冷たくして」(1979 ベルトラン・ブリエ監督)を観た。

ImageImage

無人の地下鉄駅での二人の男の会話から始まり、主人公と誰かのやりとりが不思議なユーモアと不条理に包まれながら進行する。監督の父のベルナール・ブリエがいい味で、抽象的とも思えるような場面場面を彩る色彩、形状も凝った画面デザインも面白く、観終わったあと説明はできないけれど心に不思議な痕跡を残す舞台劇のような感触だった。リュック・ベッソン セレクションとして出ていたビデオで鑑賞、彼の作品解説映像もついていたが、色んな風合いのフランスを知ってほしいと挙げられていた作品群*1、観てみようという気になった。

そこで手に取ったのが「チャオ・パンタン」(1983 クロード・ベリ監督)。

 

ふや町映画タウンのオススメにも挙がっていてずっと気にはなっていたもののとっかかりが生まれなかった作品。

ランベールは、ガソリンスタンドの夜間給油係。孤独でアル中のこの男は40才くらいに見えるが、彼のこれまでの人生については誰も知らない。

ビデオジャケットのストーリー紹介の冒頭を読み、好きな世界を感じ、早速鑑賞。

基本ブルーグレーに彩られた、シックで、パリのヤバそうな場所を表現しつつなぜか美的な映像*2、中年男ランベールを演じたコリューシユという役者さんの味。身寄りのないアラブ系の青年との出会い、二人のあの日、この日を淡々と綴っていくカメラからの展開。饒舌でないのに男のプロフィール、心情をきっちりわからせてくれ、感情移入させられる。粋な描き方なんだけど全然くさくなく、自分、「フィルム・ノワール」って言葉に近寄りがたさを感じ、苦手分野と思い込んでいたが、先日から感心しているジョニー・トーの作品*3だとか心情に寄り添えるノワールはかなり好きなのでは?と思い直した。

コリューシユという俳優さんのことはまるで知らなかったのだけど、wikipediaでその人生を読み、

ja.wikipedia.org

この映画の空気そのまま?とも思った。ユーモリストとのことで、北野武とも空気が重なるな。最近神田伯山のラジオを古いものも含めポッドキャストでずっと聴いているせいか、勝手に自分の頭の中では彼の声でこの映画を絶賛していたのだけど、笑いの世界の人の持つ鋭敏さに刺激されていたのかな。

ともあれ良い作品に出会わせてくれたリュック・ベッソンとふや町映画タウンに感謝。確かにフランスのいろいろな側面に出会わせてもらっている。引き続きおすすめを観てみよう。

*1: 『チャオ・パンタン』 『汚れた血』 『セリ・ノワール』 『人生は長く静かな河』 『料理は冷たくして』 『溝の中の月』 『サンタクロースはゲス野郎』

*2:美術は「霧の波止場」などのアレクサンドル・トローネ 映画史上とても有名な人物、撮影はブリューノ・ニュイッテンというデュラス作品で映像感覚に定評のある人物とのこと

*3:ex.ザ・ミッション 非情の掟 - 日常整理日誌

暗戦 デッドエンド - 日常整理日誌

香港出身の

香港映画の魅力に開眼、たくさん観たくなっている。香港出身の監督が外で撮った作品を続けて二本。

一本目「精霊道士 キョンシー・キッズ」。(1986)

www.allcinema.net

 

蛇拳」や「酔拳」が最高に楽しかったユエン・ウーピン監督が台湾で撮った作品。カンフーの師匠のもとで修行のため暮らしている子どもたちが、道士によって調伏されかかっている子キョンシーをいじめられている子どもと勘違いして匿うところから始まる騒動。子キョンシーの切なげな表情もすごく良く、あの独特の動きも愉快。子どもたちとのやりとりがとてもかわいい。師匠と年嵩の子どもの京劇出演シーンもあり、ジャッキー・チェンサモ・ハン・キンポーの京劇学校時代を描いた「七小福」*1なども思い出す。

退治すべき凶悪な大人キョンシーも登場し、闘いのシーンもすんなり抵抗なく収めてある。

80年代に日本でもえらく流行ったキョンシー、還暦前になって大喜びして観る日が来るとは想像していなかったな。

 

二本目、ジョン・ウー監督がハリウッドで撮った「ブロークン・アロー」(1996)。

テンポのいい純正アクションドラマ。「ブロークン・アロー」ってタイトル、アジア監督作品だけに「三本の矢」的なものが頭に浮かんだが、直接的には核兵器がらみのスラング。でも、所要人物ジョン・トラヴォルタの姿も掛けていると思う。トラヴォルタとクリスチャン・スレイター、対決している者同士の憎しみだけではない師弟対決風味が効いている。予備知識なしに観たもので展開、繰り出されるアイデアに驚きと感心。サマンサ・マシス演じる公園監視官の使い方もいい。軍の人間とは違うポジションからの闘い方。すごいアクション。観始めたら、最後まで引っ張っていかれる。最後、ハリウッド映画映画した定番の盛り上げで締めくくられたらイヤだなと思いながら観ていたがぎりぎりのところで自分の許容範囲におさまっており、ほっ。

二作品ともふや町映画タウンのおすすめ作品。「精霊道士」は☆。「ブロークン・アロー」は☆☆。わたしの偏愛的な気持ちは「精霊道士」に軍配をあげそうになっている。