モヒカン故郷に帰る

 

 「カルメン故郷に帰る*1を踏まえているんだろうな・・イヤな映画では決してないし、もたいまさこさんの姿に、ああこれから自分はこんな感じでやっていこうと思ったものの、内容が、都会で実家のことなどお構いなしにやってきた松田龍平が交際相手(前田敦子)の妊娠を報告に実家に帰り、そこで柄本明扮する父の病気を知り・・という話で、大学で都会に出かけて配偶者を得て以来(って大昔なのだが)自分のペースと親のペースの擦り合わせにいつも自問自答がとまらない自分にとっては、妙に考えさせられたり、ここで描かれているのは自分からみたらなかなかすばらしい最期なんだけど、家族に余裕がなかったらこんな風にはできないなあとマジメに考えてしまって楽しめきれなかった。多分基本男子というのはロマンチストで無責任だけど、女性の方がリアリストなので、介護に携わっている人が女性の「徘徊~」*2や「毎日がアルツハイマー~」*3で描かれている姿の方に共感をおぼえるのだろうな。あったかい雰囲気に乗り切れないというか・・ベタベタしたものでは決してなかったし、むしろ、親とのつきあい方なんかわかってない松田龍平ががんばってみたり、変ながんばりが柄本明に心の負担をあたえるところなどがリアルでおもしろいんだが・・今回身近過ぎて考え込んでしまったが、沖田修一監督のものの描き方は好きなのでこれからも続けてはみると思う。余裕がなければこうはできないなあと思う自分のような人に対し、最高の医療とかとは対極のこういう島の生き方の呈示というのもあったのだろうな。それがつきささってるのだろうな。島の産婆さんみたいな人のしゃべるシーンなどもとても味があった。

クライマックスシーンでの曲のいれかたはユーモラスでとてもよかった。監督自身も良すぎる話にしたくなかったし、そういう仕上がりなのだが、わたしの個人的に抱えている問題がこういう風にしなければならないのかとこの映画を楽しみきれなくしてしまっていたなあ・・どうも。

毎日がアルツハイマー  ザ・ファイナル

 

maiaru.com

 

監督の関口祐加さんが朝日新聞に載せておられた介護に関する意見*1が愉快で、この映画もみてみたいなと思っていた。

オフィシャルサイトに、アン・リー監督にコメディのセンスを評価されたとのことが載っていたが、ユーモアベースがこの映画の魅力。大好きな父親三部作をつくられたアン・リー監督、その後違う方向の映画を撮っておられるように思っていたが、関口さんの作品をみてコメントされたりしているんだなあ。そこも嬉しい。

介護する娘さん(この映画では監督本人)が、もちろんちゃんとお母さんの面倒をみておられるのだけど、我慢ばかりして自分を出さないのでなく、本音でカメラに向き合っている感じが「徘徊 ママリン 87歳の夏」とも相通じる。

この回では関口さん自身が手術で入院しなければいけなくなり、自分はどういう最期を迎えたいかという話になっている。どういう最期というのは、選びきれるものでもないけれど、ある程度の選択肢はあってその選択ができる間していくのもまさに「生き方」の選択でもあるなあと感じる。

 
maiaru.com

カメラを止めるな

 

 

カメラを止めるな!  [DVD]

カメラを止めるな! [DVD]

 

 やっとこさ民放で放映したものをみた。監督役で、日本アカデミー賞の主演男優賞にもノミネートされた 濱津隆之の演技に目を瞠った。そのあとNHKのアナザーストーリーズで

www.nhk.or.jp

製作秘話を見、ますますその作り方に驚いた。(アナザーストーリーズ、5/27に再放送予定あり。)

女性プロデューサーかな、​笹原芳子役  竹原芳子さんにもひきつけられていたのだけど、証券の営業などされていた方らしい。あの映画の中での妙にコミカルなリアル感よかったなあ。「アナザーストーリーズ」の中では「どんぐり」という芸名で紹介されていた。みたとおりだ。

劇中「ゾンビ」の中の差別への視点などを語っている熱い人のくだりも面白かった。愛の感じられる映画だ。

 

kametome.net

 

光で書く 撮影監督ストラーロ

ベルトリッチ監督やコッポラ監督と仕事をしてきたストラーロ撮影監督の1992年に製作されたドキュメンタリー。色彩に意味をもたせての仕事。ベルトルッチ監督自身がその解釈に疑問を持ってもストラーロに任せているという言葉もおもしろい。(検索しますこの後一緒に仕事をされなくなったとか?*1

未見の映画「レッズ」に興味を持った。

filmarks.com

主戦場

www.shusenjo.jp

慰安婦問題で対立する意見を日系アメリカ人You Tuber ミキ・デザキ氏がひろい上げ退屈しないタッチで巧みにまとめた作品。対立する論点を箇条書き風にまとめ、それぞれの陣営の意見を撮っているのだけど、パンフレットで森達也氏が

映画は論文ではない。あなたは主張する主体の表情をスクリーンで見る。声を聴いて目の動きを確認し、一瞬の笑みや吐息に気づくこともできる。言葉だけでない。そこに本質が現れている。

と書かれているように、私のようにみているだけの人間はその論点になっていることを自分で検証することは難しいが、話している様子からどちらの態度が自分にとって信頼おけると思えるのか、それは認識できてしまう。。とはいうものの、ドキュメンタリー映画というのは膨大なその人の人生からそれを作品にする部分を切り取っているわけで、片方のいやなところはきっちりわかったが、もしかして自分が信頼おけると思っている陣営のいやなところは公開されなかったのかもしれない・・ということも考えてしまう。

デザキ氏のスタンスは、彼も肩入れしているであろう陣営の欠点、賛同できない点も指摘していて、そのさじ加減も含めうまくできた作品だなあとも感じた。

片方の陣営に完全に加担するわけでなくても、少なくともレイシスト的な発言が気になる側にはくみするわけにはいかない、そこまででいいのだと思うし、なにかに属した途端集団の意見にのまれるくらいなら、消去法で物事を考えていく方がいいように思われる。

大切なことが十分な議論がされないまま決まっていき、不安を感じる昨今、日曜の朝早くから京都シネマに人が集まっていることは嬉しかったし、ほのかな、本当にほのかだけど希望も感じた。

モリのいる場所

 

モリのいる場所 [DVD]

モリのいる場所 [DVD]

 

 おもしろかった。家や庭の佇まいも実に好み。熊谷守一さんの絵は良いなあと思っていたし、山崎努さんが演じるとなると、これまた興味深いとは思っていたが、ありがたくて批判できなかったらどうしようという杞憂も観るまであった。しかし、観てみて実感した、超越しすぎて手が届かないのではないこの風合い、とても良い。

ドリフのメンバーが荒井注から志村けんに変わったりした時代なんだな・・劇中で話題になっていたあの感触よくわかる。

沖田修一監督の作品は楽しいな。今回も林与一さんを使ったスタートからして心をつかまれた。

三上博史は劇団「天井桟敷」出身を踏まえたような役回り。余談だけど、先日NHKのSwitchインタビューに美内すずえさんと出ておられた時、「ガラスの仮面」の中だったら紫織さんを演じたいとおっしゃってたの、とってもウケた。なるほど!

mori-movie.com

 

 

善魔

 

善魔 [VHS]

善魔 [VHS]

 

 三國連太郎のデビュー作。この作品で演じた三國連太郎という名前をこの後芸名にされたとのこと。純粋で突き進んでいく主人公。三國さんがこの名を名乗って行くことになった気持ちがわかるような気が勝手にした。

善魔というのは、作品中の説明では、善をなすにも、生ぬるい感じではダメで魔のように強いものがなければ善を遂行できないというような、仏教的な言葉のよう。三國連太郎が出会うことになる可憐な女性(桂木洋子)の父親が笠智衆。笠さんの役どころは元僧侶。お寺で生まれ、お父上の死後、少しはお寺の仕事もされた(イヤになって俳優になられたが・・・)笠さんの経歴も手伝ってか、仏教的なセリフや達観した態度、お弔いのシーンなどがとても自然。

原作は岸田國士