ソクーロフ監督作品二本

アレクサンドル・ソクーロフ監督の映画を二本鑑賞。

 

一本目「穏やかな生活」。

明日香村の百年を超す家に住む老女の暮らしを静かにみつめるもの。amazonのリンクに名前が出てくる古川利風さんは、尺八担当。ほとんど言葉のない世界。監督はひとつのあこがれとしてこの映像を撮ったのではないかと思うけれど、自分もこれほどの規模の、ではないが、古家で一人で居ることが多くなったもので先輩をみるような気持ちにもなる。一人暮らしに不安はないわけではないけれど充足感も表現していた「おらおらでひとりゆぐも」*1も思い出す。老女の静かな暮らしをカメラはなぞり、その心持ちはわからないのだが、最後の最後彼女がうたう俳句によって彼女の心持ちがわかる。俳句でああなるほど、と思ったのは私、ほとんど生まれてはじめてかも。日常の発語が表現されていない分ダイレクトに伝わった。

そしてもう一本は「ドルチェー優しく」。小栗康平監督の「死の棘」*2を観て以来、松坂慶子が演じた妻、島尾ミホさんのドキュメンタリーをソクーロフ監督が撮っているときいてとても関心を持った。「死の棘」を観た時、目の前で父を責める母を毎日みることになる状況が心配になった娘さんも映っていた。「死の棘」の映画の中でも少し描かれていたが、やはり父母の暮らしの影響があると感じないではおれなかった。ソクーロフ監督は実在の人物をテーマに映画を作ることが多いときいている。少し前に観たチェーホフを題材にした「ストーン」も昭和天皇を描いた「太陽」も、とても静かな表現の中に滲み出すような温かみ、かすかなユーモアが共通していて、不思議な居心地の良さを感じた。この「ドルチェ」も、島尾ミホさんを包み込むように描いていると思ったが、ミホさんの、揺るぎなさすぎるところは自分には恐ろしかった。

 

宮本武蔵どっぷり

先日来宮本武蔵やら佐々木小次郎やらの題材のものを何作か続けて鑑賞。

まずは「決定版」といわれているらしい錦之助内田吐夢監督バージョン。三作目まで感想を書いた*1が、四作目、五作目がまた楽しくパワフルで一気に観させる。

四作目「宮本武蔵 一条寺の決斗」

 

クライマックスシーンのモノクロのインパクト!あとから去年読んだ橋本治氏の「チャンバラ時代劇講座」を再読したら、そのことが取り上げられているのだけど、すっかり忘れて観たもので驚くやら興奮するやらだった。そしてここでの河原崎長一郎さんの存在感といったら!テレビドラマでよくされている気の弱い小市民のおじさんイメージからは程遠い迫力。素晴らしかった。

五作目「宮本武蔵 巌流島の決斗」

最後まで武蔵を息子の仇(って生きているのだが・・)と思い込む浪花千恵子さんは大活躍。コメディエンヌ的役割も。

内田吐夢版は一年一作のペースで発表されたらしいが、それぞれの回にゲスト的に活躍する豪華な出演者がいるのも楽しめる。

武蔵のこと地元一乗寺で決斗したということ以外は時代もなにも知らなかったのだが、関ヶ原の戦いのあとの話であったこと、本阿弥光悦とどうも同時代人であったらしいことなど描かれていて、大好きだった大河ドラマ真田丸」のちょうど後の時代の話であったか、とか、鷹峯の光悦寺には、25年くらい前に行ったきりだけど、ただの名所として見学しただけで、今行ったらあの時とは違う味わい方ができるなあなどなど興味が広がった。

そのままの勢いで観たのが稲垣浩監督の「佐々木小次郎」。

まずは昭和25年~26年版(大谷友右衛門という方が小次郎、武蔵が三船敏郎)。日本映画傑作全集では「佐々木小次郎」として一巻になっていたが、yahooムービーの情報をみると、三作品をまとめたもののよう。

movies.yahoo.co.jp

movies.yahoo.co.jp

movies.yahoo.co.jp

このシリーズは内田吐夢版(=吉川英治原作「宮本武蔵」)とは趣向が違う話らしく、小次郎の色恋沙汰中心でたまげる。しっかりせい!といいたくなるほど。

嬉しかったのは

f:id:ponyman:20211005143734j:plain

藤原釜足さんの活躍。小次郎に寄り添う飄々とした盗賊島兵衛役。

f:id:ponyman:20211005144203j:plain東野英治郎演じる敵役。お若い!そして面白い造形。

f:id:ponyman:20211005144653j:plain森繫さん演じるおしゃべりな通りすがり。生き生き。

f:id:ponyman:20211005144915j:plain琉球のお姫様役の高峰秀子様。メイクもいつもと違っているし、格闘シーンも良い。

曾呂利新左衛門(伴内という名になっていた)なども暗躍、堺の町ではオウムやら南蛮風の風俗も描かれている。

小次郎役の大谷友右衛門

f:id:ponyman:20211005152528j:plain

高橋一生みたいな系列でさわやかなんだけど、(内田吐夢版の健さんよりずっといい感じ)とにかく、ちゃらちゃらしているような人物像に描かれていて、タイトルは「佐々木小次郎」なのに武蔵の引き立て役のようにみえてしまう。

つづいて昭和42年版(現在の尾上菊五郎が小次郎、武蔵は仲代達也)。

movies.yahoo.co.jp

 

こちらで小次郎を演じるのは現在の菊五郎

f:id:ponyman:20211005153346j:plain

昭和25年版で藤原釜足さんが演じて魅力的だった島兵衛は長門勇さん。

f:id:ponyman:20211005153605j:plain三匹の侍*2でその持ち味と、サモ・ハン・キンポーばりにふくよかなのにキレのある動きに意外な楽しさを感じた長門勇さん。今回も良い。島兵衛はいい役。

ストーリーはほぼ昭和25年版と同じ。はじまりはこちらの方が丁寧に思われたが、(ビデオの25年版は総集編だからというのもあるだろうな)沖縄のお姫さまとそれに付随するストーリーなんかはデコちゃん版の方がよかった。

そして、今回のマイ武蔵キャンペーンのラストに観たのが溝口健二版「宮本武蔵」。

movies.yahoo.co.jp

溝口監督の武蔵ってどうなんだろうと思って観始めたが、画面の様式美など見どころあり。構図などがとてもキマっていて、さすがと思わされた。こちらは菊池寛原作。

f:id:ponyman:20211005155520j:plain

河原崎長十郎の立ち回りはものすごくキマっていて、みていてすっとするし本当にかっこいい。田中絹代も可憐。ストーリーも村上元三原作の「佐々木小次郎」にくらべてずっと控えめロマンチシズムがあってそこがキュンとくる。

まだまだある宮本武蔵もの、もうちょっと観るつもり。

宮本武蔵(内田吐夢監督 錦之助版)前半

有名なのに今一つわかっていない宮本武蔵、この際ちゃんと知ろうとレンタル。メジャーな錦之助内田吐夢監督バージョンから鑑賞。この作品前五作なんだけど、一年に一回公開していたらしい。

一作目 宮本武蔵

 

錦之助演じる武蔵の姉に風見章子氏。山田太一のドラマ「深夜へようこそ」や映画「忘れられぬ人々」*1美しいおばあ様役で注目していた女優さん。若い頃の姿を観たいなと思っていたら、一巻目では気丈でカリスマ的な役。一巻目ではなんといっても禅僧 宗彭沢庵を演じた三國連太郎の存在感が凄い。禅の問答のような独特のやり方が説得力を持って開陳される。

武蔵の闘い方が実践的であると書いておられるブログ*2を拝見したが、一巻目では特に、石つぶてなどを使ってとにかく生き延びるリアリティがある。武蔵を描いたコミック「バガボンド」、読みかけて、実は最初のワイルドさでちょっと挫折したのだが、この辺の部分なんだな。今だとちゃんと楽しめそう。

二作目 宮本武蔵 般若坂の決斗

 

武蔵の友人又八(木村功)をそそのかして、戦場に駆り出したといって、浪花千恵子さん演じる又八の母がずっと武蔵を逆恨みし、この巻では果し合いを挑んだりする。一巻でも浪花千恵子さんの演技が秀逸だったし、この巻でも、真剣なんだけどコメディ的な部分もあり、文楽でいうところの詰人形の活躍のような感じ。

そしてこの巻ではなんといっても月形龍之介演じる奈良宝蔵院の老僧日観師の、引退して畑仕事をしている中にもみなぎる気迫が素晴らしかった。

林彦次郎という吉岡一門で冷静な人材を河原崎長一郎が演じているが、これがなかなかいい。河原崎さん、集団から一歩距離をとるような役はまるな。

 

三作目 宮本武蔵 二刀流開眼

 

後ろに写っているのが高倉健演じる佐々木小次郎。「大いなる旅路」*3三國連太郎演じる鉄道員の息子姿なんかでも感じたが、二番手時代の健さん新鮮。

三作目でもまた浪花千恵子さんが大活躍。執念のおばば役。なかなか面白い。

剣の名門吉岡一門とのせめぎあいが始まっているが、吉岡の跡継ぎで武田勝頼的悩みをかかえた吉岡清十郎江原真二郎氏が演じていて、こういう屈折した役うまいなと思う。

*1:忘れられぬ人々 - 日常整理日誌

*2:二巻目 「般若坂の決斗」のことについて書いておられる部分だが、こちら

*3:大いなる旅路 - 日常整理日誌

戦後時代劇二本

朝日新聞の金曜夕刊に載っている「私の描くグッとムービー」というコーナーが好きでよく読んでいる。各界の方が描く好きな映画のイラストとインタビューで構成されている記事。

少し前に京都の瑞泉寺というお寺の住職兼イラストレーターである中川学さんという方が雷蔵氏の「濡れ髪剣法」(1958)を取り上げておられ興味を持ち観てみた。

 

www.asahi-mullion.com

 

タイトルから忍者的なアクション映画を想像していたが、もっとコメディドラマ寄りで親しみやすいいわゆる明朗時代劇。私の好きな分野。

雷蔵さんの演じる若殿様の婚約者鶴姫を演じるのが八千草薫氏なんだが、八千草さんの軽いふくれっ面がとてもチャーミング。キツすぎなくちょうどいい塩梅。

f:id:ponyman:20210923111044p:plain馬に乗っておられるシーンなどもあり驚いた。

 

もう一本観たのは内田吐夢監督の「酒と女と槍」。

 

酒と女と槍 [DVD]

酒と女と槍 [DVD]

  • 大友柳太朗
Amazon

こちらは東映創立70周年記念DVD〈巨匠傑作選 内田吐夢〉と題し12月に発売決定との情報にtwitterでよくお話しする方がとても喜んでおられたもので借りてみた。クライマックスでの大友柳太郎の乗馬シーンに度肝を抜かれたと書いておられたのだけど、確かにそこはすごい迫力で、いよいよな状況に追い込まれた大友さん演じる主人公富田蔵人高定がこれからどこへ向かうのやら、途方もない雰囲気であった。

この主人公は豊臣秀吉の甥、秀次の家臣で、秀次が一族郎党秀吉に殺されたあとの物語なのだが、ちょうど、「濡れ髪剣法」のイラストを描かれた中川氏がその秀次の菩提を弔うお寺瑞泉寺のご住職だったので、つながりも感じた。さらに、「濡れ髪剣法」が男性版「ローマの休日」のような話で、大友さんの「鳳城の花嫁」とも似たところがあるので、頭の中で二作品がつながる。

観ていて、大友さんは台詞より、立ち合いの所作などの美しさが優れておられるのだなあと実感。

海音寺潮五郎原作。ちょうど、NHKラジオの新日曜名作座海音寺潮五郎特集をしていて、それが面白いことも観るきっかけになった。

 

www.nhk.or.jp

 

原作にどれくらい忠実な話なのかわからないが、「女心がわからない」といわれる主人公、確かに私からみて不可解な部分も。

山城新伍氏の元妻 花園ひろみ氏はとても可憐だった。あと大好きな山形勲氏が石田三成役で少し光が当たっていて嬉しい。

文豪ものふたつ

気が付けば文豪原作の映画を続けて観ていた。

豊田四郎監督の「暗夜行路」と森田芳光監督の「それから」。

「暗夜行路」はふや町映画タウン所蔵の日本映画傑作全集VHSで鑑賞。

movies.yahoo.co.jp

タイトル通り池部良演じる主人公がふさいだり、自分の気持ちをなんとかしようともがく筋立てなのだが、後半の悩みのターゲットである山本富士子演じる妻が可憐で可憐で、起きた事態は事態として気の毒になってしまう。彼女にも心の隙があったり反省点はあるだろうが、主人公謙作だって淡島千景演じる、身の回りの世話をしてきてくれたお栄さんへの想いとか行動とか中途半端で罪作りな感じだったし、心の中の整理がつかないのはしょうがないし、そういう物語なんだけど、付き合ってるこっちは他人事なものだから、つい辛気臭いことよなあと思いながら観てしまう。

ただ妻になる山本富士子との出会いが京都だったり(鴨川に面して出入りできている風)、新居を南禅寺の近くに構えたりして自分の地元京都を味わえはする。祇園囃子が、南禅寺の家で聴こえる設定は離れているからないだろうなとは思ったが、まあ風情ということで・・

f:id:ponyman:20210916081716p:plain

南禅寺水路閣の上の流れの速いところを早足→小走りになる池部さん。あそこ通る時、体力のない自分はおっかなびっくりだ・・

f:id:ponyman:20210916081750p:plain

ほかにも尾道、大山が舞台になり、いずれも好きな土地なのでそこは嬉しい。そういえば、尾道に「パン屋航路」というパン屋さんがあったことも思い出した。語呂合わせだけでなくなかなかおしゃれで実力もあって人気のお店みたいだった。

r.gnavi.co.jp

 

元気ばかりで疎んじられる水谷という役に小池朝雄氏。「現代やくざ 血桜三兄弟」*1での不死身みたいなヒットマン役の印象が強くてこれはびっくりした。

 

そうそう、この映画の主人公謙作の悩みっぱなしの有様にはあきれ半分だったのだが、同じく志賀直哉の小説を原作にしたNHKドラマ「流行感冒」は、トピックが時宜にかなっていてとても面白く、神経質な主人公をかっこのいい本木雅弘を使ってちょっと戯画的に描く演出も優れていてとても楽しめた。そして、そのことを思い出し、「流行感冒」の志賀直哉なんだから、主人公が悩み続けてもむべなるかな、という気分になった。

 

www.nhk.jp

 

もう一本観た「それから」。

韓国のロメールと評判のホン・サンス監督の「それから」が話題になり、最後の方に漱石とのからみもとか書いてあったもので興味を持っているのだけど、その前にと観てみた。森田芳光監督、「の・ようなもの」「家族ゲーム」などは公開当時楽しんできたのだけど、これはどうなのだろうかと思って観ないままにきていた。後年になってよい評判もきいて観たのだが、着物や建物などの美術は楽しめたけれど、とにもかくにも松田優作演じる高等遊民の代介が小林薫演じる友人平岡に譲ってしまった女性藤谷美和子のことを想い決断に至るまでの過程を描いたもので、松田優作演じる主人公のはっきりしない感じは、今の松田龍平の魅力にも通じるものがある気はしたが、ずっとそれでちょっと観ていて我慢大会みたいな側面も。彼の兄の実業家役をしていたのが中村嘉葎雄氏。ずっと若き日の時代劇で調子のいい弟役みたいなもの*2を観てきたものだから少し驚く。でも、その片鱗もあるようなとりあえずの元気で乗り切るような性格の登場人物でもある。代介の父を演じていたのは笠智衆。笠さんと優作さんが親子か、という面白みはあったのだけど、笠さんが気難しいところのある資産家という風にどうしてもみえない。

原作は確か読んでいてこんなに退屈しなかった気がするのだけどなあ。だけど、この映画、第59回キネマ旬報ベストテンの第一位。私の体力資質不足でもう一つに感じたのかな・・

本宅のロケで使っていた鎌倉の旧華頂宮邸というのは美しかった。

kamakura-guide.jp

 

代介の姪っ子を演じた森尾由美、なんだか元気な友人を演じたイッセー尾形、縁談の相手の美保純は意外な感じで面白かった。

Wの悲劇

澤井信一郎監督が9/3に亡くなられ、映画好きの方々のtwitterでも追悼がたくさん書き込まれた。その中でも「Wの悲劇」の出来栄えをほめておられる方が多く、この機にやっと観る。薬師丸ひろ子が女性としての生き方を踏み出す姿にとてもリアリティがあり、確かに素晴らしかった。映画にもドラマにもなって有名な話だと思うのだが、私は予備知識ゼロでの鑑賞。「Wの悲劇」という舞台を演じる人たちの物語と入れ子構造になっていたのだが、どうもそれは映画オリジナルのものらしく、そこがとても良かった。

世良公則の演技もとてもナチュラルで良い。調べたら演じる仕事もたくさんされているのだなあ。

演出家役の蜷川幸雄も、レポーターとして出てく 梨元勝福岡翼須藤甚一郎の諸氏の姿も84年当時が匂いたつようで楽しい。

凛とした老女優が出てくるなりその存在感が気になってどなたかしらと思いながら観ていたのだが、調べるとショーケン岸惠子の「約束」*1でなぜかとても惹かれてしまった護送役の女性を演じた南美江さんだった。

 

ja.wikipedia.org

 

薬師丸ひろ子が歌うテーマソング「Woman」、すごく流行ったなあ。懐かしい。作詞は松本隆だったんだ・・。

 

ふや町映画タウンでは澤井信一郎監督、松田聖子の「野菊の墓*2が☆☆☆(かなりおすすめ!!!)になっている*3のだが、☆(ちょっとおすすめ!)になっているのが、東映特撮物のテレビ番組「宇宙刑事シャイダー」の第一話「不思議界」。

私は第二話の「踊れペトペト」でのサントリーローヤルのCMパロディがおかしく懐かしく好きだった。↓

f:id:ponyman:20210913061838j:plain

画像

 

元ネタのCMはこちら↓。凝ったCMだったなあ。

youtu.be

おらおらでひとりいぐも

 

この作品が芥川賞を獲った時、家庭生活をまじめに営んできたものの一人暮らしになったら大きな声では言い難いが開放感も覚えてしまった老婦人の話という紹介をきいて妙に心惹かれるものがあった上に田中裕子主演で沖田修一監督が映画化されたということで、きっと自分の好きな世界であるに違いないと読むことにした。

主人公は70代で自分よりは一回りちょっと年上だが、桃子さんという若やいで聞こえる名前、自由な思想、そしてかわいらしいイラスト効果もあるのか自分とかけ離れた話と全く感じず読み進む。

子育て終えて家族を看取った後、もう社会からは何も期待されていないというような心地になる部分、神経痛の話、子どもとの関係、などなど自分とイコールではないけれど共感できるエピソードがうまく織り込まれ深いところに誘われる。桃子さんが経験したけど自分はまだ未経験の痛みについては先輩の経験談に怯えている自分もいる。しかしながらそこからの桃子さんの境地が理解できるし桃子さんの意気でいこうと思ったりしている。

面白みにあふれているのに人間が生きていく根幹を揺さぶるこの作品、町田康が解説を書いているのにも頷く。彼の作品もそういう世界に存在しているから。

タイトルからしてそうなんだが東北弁が良きリズムになっている。感傷を伴わないこころの記録にうってつけである。