「エレクション 黒社会」〜「野獣たちの掟」

 

ジョニー・トー監督の特集上映会で「エレクション 黒社会」(2005)鑑賞。

demachiza.com

長老たちのゆったり飲茶みたいな空気の端からの抗争シーンなどもとても良し。「アウトレイジ」(2010)*1なんかも、この辺の空気もらってきてるんじゃなかろうか?ユーモアと緊張。乾いた人間観察の面白さ。

香港映画、いつも本気度が凄いと感じるが、こちらもしょっぱなからかまされる。

衝撃を受けたのは「人は信じず組織を信じる」って風情のニック・チョン。後半にも見せ場があるが乱闘中液体をかぶって白塗りみたいな形相になりつつフラメンコのような足拍子的音とあいまりまるで歌舞伎!ぞくぞくした。ジョニー・トー監督、ストイックに話を進めておいての要所要所見せ場がありこの感じがたまらない。冗長さがまるでない。

「エレクション 黒社会」は二人の中堅ヤクザのトップ争いの話だが、冒頭「グッドフェローズ」のジョー・ペシのごとき振る舞いで感じが悪く尊大な風情のレオン・カーフェイ。これが、途中からなぜかとても気になる人物にみえてくる。そこから振り返ると、冒頭のシーンも強がってはいるが虚勢張ってる弱さも見え隠れしてたなあなどと思い起こさせる演技のさじ加減の面白さ。まだまだ香港映画入門状態なもので出演作を調べたら「黒薔薇vs黒薔薇」*2でかっこいいのにトンチンカンみたいな役を映画自体のめちゃくちゃぶりにすんなり調子をあわせ好演されていた俳優さんだった。

さらにレオン・カーフェイをちょっと追っかけたくなってすぐ観た「野獣たちの掟」(イー・トンシン監督 1987)

狼たちの午後*3中島貞夫監督の「狂った野獣*4などの名作人質ものを香港舞台で、という感じの作品だが、テンポが良くてとても面白い。全く退屈しなくずっと笑い続けた。

レオン・カーフェイはあまり出番がなかったが、上品で犯人に妙に信頼されてる捜査官役であり、「エレクション 黒社会」でのギラギラしてしかし哀感もあるヤクザっぷりとはすごい差。そこも楽しめた。

主役のティ・ロンってひとは「男たちの挽歌」で有名な人らしいが、未見。そろそろ観るべきか。

「野獣たちの掟」はふや町映画タウンにてレンタル。

「ジャズ・シンガー」と「マラソン マン」

先日鑑賞の「ジョルスン物語」*1で描かれていたアル・ジョルスン出演の映画「ジャズ・シンガー」をアル・ジョルスンの出ているバージョン(1927)と80年代のリメイクと観比べてみた。さらに80年代リメイクでは父親役のローレンス・オリヴィエが良かったものでオリヴィエの後年の作で「マラソンマン」も鑑賞。

 

まずは1927年の「ジャズ・シンガー

ジャズ・シンガー (字幕版)

「ジョルスン物語」でもユダヤ系の厳格な家庭に育ちながら宗教的な勤めからエスケイプした彼を厳格な父が叱責するシーンから始まったがこちらもそのベースは同じ、そして「ジョルスン物語」では割合初期に家庭との問題が解決したのだが、こちらでは父の願い、周りの期待とジャズ・シンガーとして生きていきたい彼の気持ちとの相克がメインのストーリーに。

よく「ショー・マスト・ゴー・オン」なんていって劇場の幕があがったらなにが何でも続けなければいけないというような話を聞き続けている身としたら家のことはしょうがないじゃないかというような気持ちで観続けた。公開当時は今とは家のこととショービジネスの天秤具合が違っていたのかもしれないな。これからデビューのジャズ・シンガーという身分が自分が感じているよりもっと危なげがあり、手放しで称賛されるようなものじゃないという表現も見受けられた。

結局無理矢理八方収まったが「ジョルスン物語」はこの映画のつくりのちょっとすっきりしないところを思い切りカットし一応別の苦みもあるけど結局芸か家庭かという問題を明るいミュージカルに仕立てたものかもしれない。

ジャズ・シンガー」は初のトーキーとは厳密にはいえない、ということを時々読むがパートトーキーでアル・ジョルスンの歌声は味わえるようになっていた。

 

リメイク版の「ジャズ・シンガー」(1980)

ローレンス・オリヴィエ演じる父にとってそしてその元で育ってきた主人公にとってもユダヤ教の教えがいかに大事なものかということが丁寧に描かれていて、1920年代版に感じた息子の夢をやみくもに反対という感じはなかった。ユダヤコミュニティでの音楽もとてもすはらしく、以前観たクレズマー音楽のドキュメンタリー*2を思い出す。スタートもNYの街をゆっくり映し、これは人種のるつぼアメリカの中で自らの起源とアメリカ文化をどう溶け合わせていくかについての映画だと感じさせられた。途中、80年代映画によくあるサービスのつもりっぽいベッドシーンなどは余計と感じてしまったが、最後のニール・ダイヤモンドの「アメリカ」の曲は絶品だし老境に入ったローレンス・オリヴィエの演技はみていてとても気持ちが良かった。

 

さらに後年のローレンス・オリヴィエつながりで観たのは「マラソン マン」(1976)

ダスティン・ホフマン主演。彼は非業の死を遂げた歴史学者の父とエリート・ビジネスマンの兄を持ち、意識した挙げ句違う生き方をしようとしているところがみてとれる。日本にもよくいそうな目立ったり特別扱いの苦手な学生。

その彼がナチスの残党による収容所のユダヤ人から奪い取った金やダイヤモンドを巡る事件に巻き込まれるサスペンスであり人間成長のドラマだが、オリヴィエはナチス側。その憎たらしい程優雅な身のこなしは見どころあり。

冒頭ことの発端であるNYのユダヤ系とドイツ系人種による派手な交通トラブルの話や、ユダヤ人街の貴金属店での空気やらその時のNYの暮らしに密着した話はおもしろいのだが、途中去年日本で流行ったドラマ「VIVANT」に出てきたような超法的な特殊部隊の話など出てくると騙し合戦のようになり混乱する。父がマッカーシズムの犠牲になった話なども冒頭にでてきて、そのこともあって事なかれ主義的な彼が敵から逃げるのでなく対峙する物語ではあるのだが、オリヴィエ演じる歯科医のスキルを生かした拷問など部分が際立つあまり、テーマがぼんやりしてしまったきらいも。

ジョルスン物語

 

 

和田誠さんの愛する作品

「お楽しみはこれからだ」という和田さんの本のタイトルはこの映画の主人公アル・ジョルスンのセリフから。アル・ジョルスンが初のトーキー映画ともいわれている「ジャズ・シンガー」に出たのは 1927年、この映画は1946年の作品で、別の人が演じているが声はアル・ジョルスン自身の吹き替えだという。

もうショーで唄うのが好きで好きで芸道バカ一代みたいになってしまいがちなアル・ジョルスン。好きなことに夢中になりすぎる罪って誰でも多かれ少なかれあるよな。。

実話との乖離もあるだろうけれど彼の少年時代から中年期までテンポ良く一気に描きあげている。

アル・ジョルスンは田代まさしの居たシャネルズみたいに顔に墨を塗って舞台に登場したりする。昭和期には何ら気にせずシャネルズをみていたのに今や知らぬうちに令和ナイズされてしまってる自分はちょっとハッとしてしまう。

三度目の「七人の侍」

 

 

先日BSで放映していたのを「いつかちゃんと観たい」と言っていた家人と。

私は三度目*1。還暦夫婦には台詞が聞き取りにくく字幕がほしくなる。(録画設定見直し必要か?)録画したものを観るのをあきらめ、配信にあることを見つけ速度調整で0.8倍にしてなんとか聞き取れるように。

今回は左卜全三船敏郎の関わりがとても目にとまった。村人は班分けされ、左卜全は三船班。主に三船がおちょくったりの(といっても感じの悪いものではない)左卜全と三船の関わりあいは何シーンも積み重ねられ、終盤に繋がっていたんだな。左卜全、「どん底」でも大事な役を務めておられるが、黒澤監督にかなり見込まれておられたのだな。

そして一回目には、娘の身を案じるのが頂点に達している村人がいたなあくらいの認識だった藤原釜足、こちらも浅草オペラ出身の彼の音楽を交えたよい仕事を何度も目にしているもので、今回は終盤のシーンで笛を吹いている、さすが!となった。

木村功宮口精二へのリスペクト感なども覚えていたからそれはもう宮口精二のファーストシーンから始まっていることも確認。複数回鑑賞してる旨味を味わう。

ラスト志村喬の有名な台詞・・今回は三船敏郎と他の六人の闘い方の違いなどにも思いを馳せた。

そして音楽の効果も今回また実感。ある時は悲しそうにある時は鼓舞するように流れるあのテーマ音楽、盛り上がる。

*1:二度目はこちら

戦前松竹映画二本

戦前〜戦中映画を二本

1.東京の女

www.cinemaclassics.jp

wowow のリメイクドラマ*1を観たあとこちらを。

オリジナルだけみていると大げさで拙くもみえる悲劇にドラマはうまい肉付けをし、「東京の女」の弟、良ちゃんの持つイノセントさを上手にソフトランディングさせていたな、あのドラマを観たことでオリジナルを楽しめたなと感じる。

オリジナルに出てくるマスコミの土足感もリメイクではそれ自体を見世物にすることなく、マスメディアは絡ませながらも特定のなにかを悪者にして終わるのではない成熟が感じられた。

 

 

2.簪

 

再見

初回の印象*2は温泉宿にいる小言幸兵衛教授 斎藤達雄の面白さが中心だったが今度は再見の余裕からかもっとテーマに沿って余韻に浸れた気分。

日常から離れての温泉でのひととき。相部屋、碁の相手などの交流、そして干渉。。トラブルから生まれる意外と楽しき時間。現代でいうとちょっとシェアハウス的なおはなし。血縁関係はない人たちとも一緒にいるときは濃密に環境による苦楽を共にしたりして。

煩わしさもあるけれど休暇が終わりそれぞれの現実に戻るときこのひとときがなにかを変える力にもなるのかも。。って!すごい良い作品やん!わざとらしい盛り上げもないところがさらに余韻を残して。

こんなに尺とるか?とかいう部分もありつつも、このさりげないスケッチ風のまとめ方がほんと味わい深い。子どもの絵日記の使い方もすこくセンスが良い。

「簪」はふや町映画タウンおすすめペスト1000

台湾、街かどの人形劇

 

侯孝賢監督作の常連俳優で、布袋戲という人形劇の大家李天祿(リー・ティエンルー)を父に持つチェン・シーホァンを描いたドキュメンタリー。

チェン・シーホァン自身も台湾の人間国宝であるし、素晴らしい技なんだけど、父が婿養子であり、長男である彼は母方の姓を名乗り、父方の姓を名乗った弟さんが父の劇団を引き継いだことからなかなか複雑な事情が生まれているようである。日本の文楽でも後継者の育成が大きな問題になっているが、侯孝賢映画で自分も知っている有名な父の劇団ではなく彼がスタートさせた独自の劇団であることもちょっとした障害になっているようだし、父親が長男であった彼に非常に厳しくあげくに次男に劇団を譲ったという経緯が彼の心のこだわりになっているようで、彼自身も無意識の心の動きで実力ナンバー1の弟子でなくナンバー2の人間を一番弟子にした、というような弟子による述懐もあり、なかなか単純ではないつくりになっていた。

もともと神事のようなものであったのが今の需要は行政のフェスタ的なものへの参加ばかりということへの不満もよくわかる。そして、プロの矜持があり質素ではあるけど堂々たる魂を感じさせる彼にかなり低レベルな仮装大賞イベントの審査員をさせたりして、あまりの雑なクオリティに彼が憮然とするところなど、人間としての彼が描かれているところが面白い。神事としての人形劇だからいつも彼が携えている神像もとても大事でその像が海外公演のとき移動中になくなりかけ探しもの担当者にはただの遺失物だけどというような気持ちの落差もvividだった。神事としての人形劇、文楽で幕開けに三番叟が舞われることや、太夫さんが語る前に本に会釈される感じにも通じるな。

国の認定だかを受けるため、彼が考えるベストメンバーを訪ね丁寧にお願いし公演を実現させるシーンの呼ばれた一人ひとりの顔、様子、「ブエナ・ビスタ・ソシアルクラブ」*1みたいな雰囲気があった。

賢女気質

京都府立芸術会館にて人間座公演 

去年の12月に公演予定だったのだが出演者に健康不良が相次ぎ前日だか当日だか本当にぎりぎりに涙をのんで公演中止になったものの振替公演


f:id:ponyman:20240210193115j:image12月公演時チラシ

傘寿を迎えられる菱井喜美子さんがほぼ出ずっぱりの公演。観客席からの声援の拍手が気持ちよく、劇場に足を運ぶ良さはこれだなと思う。

自分は同じ原作で中平康監督によって「才女気質」というタイトルで映画化されたものを観たことがある。イノダコーヒが出てきたり京都の風景を楽しんだが、とにかく映画では轟夕起子が演じたこの女主人公がなかなか強烈でそれをからかう姑が清涼剤になっていた。

今回の舞台でもやっぱり女主人公はすごい勝ち気な仕切り屋。それにやっと対抗できるのは飛鳥井かゞりさんという女優さん演じる姑。映画ではもう何事にもお構いなしの婆さんという感じの役なのを洒脱に飛鳥井さんの個性にあわせた役にしてあり感心した。演出は下鴨社窓というところの田辺剛という方らしい。飛鳥井さん、着物の着こなしも洒落ていて粋。猫会議という劇団を主宰されている方らしい。

映画で大坂志郎が演じていた主人公の夫役。12月の公演では多賀勝一さんという私が高校生の時から注目してきたくるみ座出身のベテランが演じることになっていたのだが、今回、かなりお若い藤原大介さんという方にバトンタッチ。女主人公を演じる菱井さんとは実際には大変年の差かあったと思うのだけどとてもナチュラル。今回はこの人が清涼剤となった。(もともとはそれが主眼のはなしだと思う)劇団飛び道具というところの人らしい。

毛利菊枝さんの作られたくるみ座からの流れをつぐ人も創立者はじめ何人かいらして古い歴史を持つ人間座、自分も下鴨のスタジオで公演を観てきたが、ある時急に京都市から一般客向けの公演はできないエリアと指摘されアトリエての公演をあきらめ現在は貸しスタジオ的な運営をされている。そこへ持ってきての昨年の公演中止。今回劇場で心配し心を寄せている人が大勢いるんだなと肌で感じた。

大勢の他劇団からの客演、またいつも劇団から配られるチラシに載っている劇団の創立者である田畑さんの名を冠した「田畑実戯曲賞」の募集など若い息吹を取り入れを育てようという心意気に感じ入る。

↓人間座ドキュメントYoutube

youtu.be