ふや町映画タウンおすすめベスト1000

「カンフースタントマン」からのユエン・ウーピン監督作品

今年の初劇場映画は「カンフースタントマン」。 kungfu-stuntman.com 80年代をピークとする命がけの撮影を支えたスタントチームの仕事ぶりに焦点が当てたもの。 たくさんの証言や撮影映像を切り貼りした作りになっていて凄さは伝わったがちょっと目まぐるし…

荒野の決闘

荒野の決闘(字幕版) ヘンリー・フォンダ Amazon 名作なんだろうなと思いながら「決闘。。バトルものか。。」と観るきっかけのないままここまで来ていた。 先日からワイアット・アープにまつわるもの*1を観始めたものでその一環として鑑賞。タイトルから誤…

ウィンチェスター銃’73

ウィンチェスター銃'73(字幕版) ジェームズ・スチュワート Amazon ふや町映画タウンのおすすめに載っているけれど「銃かーあまり興味ないかも。。」と後回しになっていた作品。少し前に購読させてもらっているブログにも取り上げられ、大晦日に放映してい…

香港映画数珠つなぎ

去年末からのにわか香港映画マイブーム。 ふや町映画タウン在庫で軒並みおすすめ印がついているジェフ・ラウ監督の二本「黒薔薇vs黒薔薇」(1992)と「フル・ブラッド」(1994)を鑑賞。 「黒薔薇〜」はほんと奇想天外。 黒薔薇VS黒薔薇 [DVD] レオ…

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/外伝~アイアンモンキー」、「タイガー・コネクション」

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ外伝/アイアン・モンキー(字幕版) ドニー・イェン Amazon 「酔拳」でジャッキー・チェンがコミカルに演じたのは中国では有名な人物(黄飛鴻 ウォン・フェイホン)で「ワンス・アポン・ア・タイムイン・チャイ…

「スター伝説」、「ファイヤー・ドラゴン」

ふや町映画タウンのオーナーと香港映画も好きな常連さんの間では、香港映画の3代巨匠はジョニー・トー、ウエン・ユーピン、ジェフ・ラウということになっているらしい。私もジョニー・トーについてはこの秋ふや町映画タウンのおすすめ印のついている「ザ・ミ…

デリンジャー

デリンジャー [DVD] ウォーレン・オーツ Amazon 1973年 ジョン・ミリアス監督作品。 ふや町映画タウンのおすすめというだけで、予備知識なしに鑑賞。 1930年代に実在した銀行ギャング、ジョン・デリンジャーを描いたもの。ジョニー・デップが2009年…

青い山脈(1963)

www.nikkatsu.com 1949年版*1を少し前に観たので観比べ。前回杉葉子が演じていた女学生を今回は吉永小百合。前作杉葉子の挑むようなところがなく、健康的。そして、もめごとの原因もヒロインの不可抗力という設定にしてあるので、49年版の、「新しいも…

広州殺人事件

広州殺人事件 [DVD] チャウ・シンチー Amazon 「ハイリスク」*1のバリー・ウォン監督。1994年。 チャウ・シンチー主役の法廷時代劇。彼は包青天*2という中国圏では大岡越前級に皆が知っているという人物の子孫設定。「ハイリスク」でも思ったが、これで…

香港出身の

香港映画の魅力に開眼、たくさん観たくなっている。香港出身の監督が外で撮った作品を続けて二本。 一本目「精霊道士 キョンシー・キッズ」。(1986) www.allcinema.net 「蛇拳」や「酔拳」が最高に楽しかったユエン・ウーピン監督が台湾で撮った作品。カン…

暗戦 デッドエンド

暗戦 デッドエンド [DVD] アンディ・ラウ Amazon 「ザ・ミッション 非情の掟」*1(1999)の興奮冷めやらず同じくジョニー・トー監督の「暗戦」(こちらも1999)を。スタイリッシュさ✕面白み✕後口で本当に楽しませてもらった。クセになる。 音楽の感じや警察…

ザ・ミッション 非情の掟

ザ・ミッション 非情の掟 [DVD] アンソニー・ウォン Amazon 香港映画探求の続き。こちらもふや町映画タウンのオススメ☆☆で、先日ぱらぱらっと読み返した小林信彦氏の「コラムの逆襲」(2002 新潮社)でも褒めてあり観ることに。(ジョニー・トー監督 19…

香港映画の門を叩く

行きつけの名作ライブラリー的なVHSレンタル店ふや町映画タウンのおすすめとして香港映画が多数ラインアップされているが、あまり観ていなくて・・・9月に鳥取jig theater で「恋する惑星」を観た*1のをきっかけにちょっとずつ香港映画を観始めている。 まず…

青い山脈(1949)

青い山脈 原節子 Amazon テーマ曲は有名なんだけど、観たのははじめてかな?1949年 今井正監督。古い田舎町の女子校の陰湿なやりとりに毅然とした態度をとる原節子演じる島崎先生は直球勝負で神々しすぎるけれど、彼女がヒーローとして扱われておしまい…

君去りし後

君去りし後 [DVD] クローデット・コルベール Amazon 「或る夜の出来事」*1のクローデット・コルデールが、母親役。「或る夜の〜」でも感じていたがアメリカの高峰秀子のように感じる。活躍期間長くて、ちょっとコミカルにぽんぽんいう役もしっとりした役もハ…

メイトワン 1920

eiga.com 「ブラザー・フロム・アナザー・プラネット」*1以降集中的に鑑賞しているジョン・セイルズ監督作品。 明らかな力の不均衡のもと、労働搾取が行われているアメリカの炭鉱。ストをしているところに、スト破り人材が投入され内輪もめで力を分散させら…

ブラザー・フロム・アナザー・プラネット、希望の街

ジョン・セイルズ監督の作品を二本。 一本目 ふや町映画タウンの【けっこうおすすめ ☆☆】の「ブラザー・フロム・アナザー・プラネット」(1984) ブラザー・フロム・アナザー・プラネット <HDマスター版> [DVD] ジョー・モートン Amazon 壮大なSFものだったら苦手だな、と思</hdマスター版>…

ゴーストバスターズ

ゴーストバスターズ (字幕版) Casey Kasem Amazon 84年にテーマ音楽とともにべらぼうにヒットしたこの作品、無縁なままここまでで来てしまった。先日も78年の「蛇拳」「酔拳」をようやっと観、老師匠のとぼけたかっこよさに惚れ惚れ、楽しいものはタイミング…

静かなる男

静かなる男(字幕版) ジョン・ウェイン Amazon 最近ジョン・フォード祭のようになっているのだが、面白いし感心してしまうのでどんどん。 「静かなる男」は、アメリカから幼き頃に住んでいたアイルランドの片田舎に移り住む元ボクサーの話。観ている内に事…

太陽は光り輝く

太陽は光り輝く [DVD] チャールズ・ウィニンジャー Amazon 「ジョン・フォード監督の『怒りの葡萄』や『長い灰色の線』*1良かったー」とふや町映画タウンで話していたらこの作品を薦められた。 ただそれだけの理由であらすじも知らず観始めたら、主人公たち…

自転車泥棒

↓アマプラの解説は浜村淳の映画解説のようなネタバレあり。要注意。 自転車泥棒(字幕版) ランベルト・マジョラーニ Amazon タイトルだけ知っていて、知人がたとえに使ったりしているものでいつか観なければと思っていた作品。哀しげで憂鬱だったらどうしよ…

「怒りの葡萄」と「長い灰色の線」

ふや町映画タウンおすすめのジョン・フォード監督作品を二作鑑賞。 一作目「怒りの葡萄」 怒りの葡萄(字幕版) ヘンリー・フォンダ Amazon 有名なタイトルだけど、筋はわかっておらず、陰惨な話だったらどうしようと思いながらの鑑賞。 しょっぱな仮出所して…

ヴェロニカ・レイク

ふや町映画タウンのおすすめ作品がアマプラに出ていたので観てみる。 グレアム・グリーン原作の「拳銃貸します」とルネ・クレール監督の「奥様は魔女」。 拳銃貸します(字幕版) ヴェロニカ・レイク Amazon 奥様は魔女(字幕版) フレデリック・マーチ Amaz…

「ミュンヘンへの夜行列車」と「バルカン超特急」

英国の監督で脚本家であるシドニー・ギリアットのことがtwiterで話題になり、監督作品の「絶壁の彼方に」*1は楽しんでいたので脚本担当の「ミュンヘンへの夜行列車」を鑑賞。 ミュンヘンへの夜行列車(字幕版) R.ハリスン Amazon この作品について同じくシ…

読書する女

読書する女(字幕版) ミュウ=ミュウ Amazon 人を食ったようなパッケージの写真をみて長い間敬遠していたが、観てみたらなかなか楽しめた。出張朗読という職業の物語。その話を読む女という二重構造になっていて、本の世界と現実の混じり合いを楽しむ構造にな…

汚名

汚名(字幕版) ケーリー・グラント Amazon あらすじを読んだ時は「ナチスの残党もの」「スパイ」。。と、なんだかとっつきにくいのでは?。。と尻込みしかけたが、ヒッチコックだしふや町映画タウンのおすすめにも選出されてるし退屈はしないはずと観てみて…

「シルバラード」「裸の町」「ハメット」

ここにはまだ感想メモを書けていないけれど、部分部分は面白いが作品として自分を持っていかれるほどではない映画をいくつか観て、飢餓感を感じ、それではと、いきつけの名画ライブラリー ふや町映画タウンのオススメをいくつか観ることにした。「シルバラー…

1000の瞬き

チャウ・シンチーの映画で相棒としてよく出てくるン・マンタ。とぼけた味がいつも楽しい。彼が出てくるとのことで観たこの作品、思ったよりずっと重要な役割。(写真 左下) マンタさんの苦労人ぽさが光る。赤チン、香港西武など時代を映すものものにもひき…

「サブウェイ・パニック」と「コックと泥棒、その妻と愛人」、「十二人の怒れる男」

今週はふや町映画タウンのオススメにあがっている名作を三本鑑賞。 一本目は「サブウェイ・パニック」(1974)。 サブウェイパニック [DVD] ウォルター・マッソー Amazon 一時パニックムービーというのが流行りすぎて敬遠してしまっていたのだが、これは…

松坂慶子氏つながりの「女ざかり」と「死の棘」

大林宣彦監督の「女ざかり」を鑑賞。 あの頃映画 「女ざかり」 [DVD] 吉永小百合 Amazon 原作丸谷才一氏。大林監督らしい古い家や町並みをノスタルジックに撮っているシーンが冒頭にあり、ひきつけられ軽い気持ちで観始めたら集中することに。新聞社で家庭欄…