牢獄の花嫁

東京のラピュタ阿佐ヶ谷というユニークな映画特集をよく耳にする名画座でバンツマ×田村高廣映画祭をしていて、観に行かれた方がtwitterに感想を書いておられたので私も鑑賞。

www.laputa-jp.com

 

荒井良平監督は「水戸黄門*1がとても面白く「戦国群盗伝」*2を観て以来の戦前映画(マイ)ブームの流れで背中を押される。ラピュタ阿佐ヶ谷での皆様の感想を拝見すると、音声がききとりにくいゆえに入り込みにくい点を指摘。vhsもそうだった。そして総集編なのかわかりづらい部分も。日本映画傑作全集のビデオ同梱の山根貞男さんの解説でも吉川英治原作のこの作品が何度もリメイクされていていかに面白い素材かということをえらく強調されていて、なにか奥歯にものが挟まったような書きぶり。

バンツマの二役は面白い。二役同士でカメラに映っているの、本当に自然でそれだけで驚いてしまう。やはり撮影宮川一夫ゆえんだろうか。工夫を感じられる流れるような画面などもあり。

バンツマはトーキー最初の頃苦労されたときいたけれど、これは山根さんによるとふたたび登り坂に向かっていた時代とのこと。確かに、このトーキーをきく限り危機的局面は脱しておられる感じ。

志村喬が頭の固い捕り手役。戦後の方がいい役に当たっておられる感じがする。

殺人事件を蝋人形で表現する見世物が出てくる。文楽や歌舞伎が心中ものなどすぐ見世物にしたようなことをきいたがそれと同じ流れかな?興味を引かれた。

 

www.nikkatsu.com