濡れた欲情 ひらけ!チューリップ

間寛平のヒット曲「ひらけ!チューリップ」が流行ったころ、この神代作品とのつながりからか、子どもが歌っていいんかな?と思うようなどこか後ろめたい感じがしたような・・この映画は、パチプロ師と釘師の対峙する青春ものをロマンポルノの中で描いた感じ。
芹明香が、乾いた感じでなく優しいヒロインみたいな雰囲気で出てくる。(もちろんロマンポルノ風味。)この映画の芹明香をみていて、先日観た「濡れた欲情 特出し21人」*1でも、トレンチコートの似合う渋い女として出てきてたなと思い出す。(この映画でも最後旅立ちのところ、あたかも「カサブランカ」のようにキマっていた。。(←いいすぎ?)
右手だけでするパチンコの世界についていけなくなった古きパチプロ師オオサキ氏になっていた着流し風のご老人が気になって仕方ない。妙に俳優っぽさがなくて・・
パチプロ修業中の男と関係のある女のひとりが、ラーメン屋台を引っ張り、そこで男や男の別の女(芹)と組んずほぐれつ的になるシーンの力の入りようは、「もどり川」の藤真利子ショーケンの台車のシーンを思い出した。
大阪城がどなっているみたいな雰囲気の冒頭などすごくおもしろく、入り込んだし、通天閣を練り歩くブラスバンドと登場人物のからみなど良い感じだけど、しまいにちょっとダレたかな。。
こちらの記事に書いてある鈴木晄という人の編集のはなし興味深い。

濡れた欲情・ひらけ!チューリップ (<VHS>)

濡れた欲情・ひらけ!チューリップ ()