ダニー・ケイとニューヨークフィルの夕べ

「晩年のダニー・ケイは一流ホールで一流オーケストラとの共演が彼のスペシャリティみたいになっていた。」と関俊雄さんという方の解説書に書かれている。そして出演料をすべて社会福祉のために寄付しているという。
基本的にはクラシック音楽をストレートに指揮し、曲と曲のあいだにお遊びをいれる方式。クラシックの好きな家人とみたけれど、演奏もすばらしいらしいし、ジョークもクラシック愛好家の方が私よりさらにウケている感じだった。また解説にダニー・ケイのシャイで好ましい人柄のことが載っていたが、さすが谷啓さんのあこがれの人。ラスト近く椅子に座って心温まる音楽談義をするところなど、古きよきアメリカの香りがとてもする。