ごめん

はじまり方はとても強烈で、小学生の話なのに(いや、だからこそ)ちょっとひきそうになったのですが、お話のペースになれたら、小学六年生の男の子の、中二の女の子への淡い思いや純情が絵空事じゃなくて、リアリティをもちながらもすてきに描かれているのがすっとはいってきて、後味はとてもよろしい!このみずみずしい気持ちの表現、13歳の二人の交流をさわやかに描いた名作「リトル・ロマンス」に通じる何かを感じた。上賀茂神社付近の道や哲学の道など京都の風景がでてくるのも楽しい。

ごめん [DVD]

ごめん [DVD]