さらば青春の光

マイケル・ケイン主演の「アルフィー*1など60年代のイギリスファッションに惹かれるものがあり「60s UK STYLE」という本を購入。

「モッズ」スタイル映画の代表作として紹介されていた「さらば青春の光」をやっと鑑賞。

 

さらば青春の光 [Blu-ray]

さらば青春の光 [Blu-ray]

  • フィル・ダニエルズ
Amazon

フォロー・ミー*2で70年代ロンドンの風景を観たことにもひっぱられたかな。

(「さらば青春の光」は79年に作られたけれど舞台は60年代。)

「60s UK STYLE」で予習していたので細部まで楽しむことができた。(リーバイスジーンズをお風呂で身につけタイトにすることや、髪には整髪剤つけないこと、「踊る大捜査線」の主人公青島のようなモスグリーンのパーカー、カスタマイズされたスクーター、男のアイメイク、フレッドペリーなど)ほんとにおしゃれ命な人たちで上半身ハダカなのに帽子とネクタイはしていたりキマっている。

仕事は単純労働、週末に発散する感じ。暴れたりもするけれど酒場での軽口などからほのみえるもともとは凶悪じゃない感じは「土曜の夜と日曜の朝」*3などとも共通するな。

バンド「ポリス」のスティングがちょっといい役で出てくる。(自分の好みではなかったが。)