二人が喋ってる。

 

  

1996年犬童一心監督作品。観たのは「二人が喋ってる。」だけ入っているVHSビデオ。

今はピン芸人で活躍している吉本興業のなるみとコンビを組んでいたしずかのトゥナイトという漫才コンビを主人公にした物語。

漫才やり続けるってなんなんだという壁に突き当たったなるみとそれに当惑するしずか、しずかの前に現れる笑いの神様(小松政夫氏)と語られる志ん生の逸話。そして、しずかの悩みは笑いの神でなく、こちらの担当だといって紹介されるのは坂田利夫扮するお笑いの神。近鉄電車と思われる車内の中で夢のように繰り広げられるこのシーン、なんだか神様たちダンディでかっこよい。関西出身ではない監督や小松政夫さんという大阪以外の要素がうまくまざりあって映画の可愛さ良さ倍増。安藤桃子監督の「0.5ミリ*1でも吉本の井上竜夫さんがよい感じだったけれど、どっぷりの吉本流でない吉本の人の使い方ってなかなかいいなとも思った。

そして、なるみとしずかが二人で歌うシーンはまさかの大阪版「ロシュフォールの恋人たち*2。街のさまざまな人の様子を撮っているところ、主人公周辺のそれぞれの人の思いをさらっと描き、街の空気を撮っている感じも「ロシュフォール~」風。愛おしい映画だった。

ラストに流れる

自らすすんで

あるいは知らず知らずのうちに

助けて下さった

大阪の方々、大阪の街に

心から感謝します。 

2つのハート

の言葉、撮影の状況が目に浮かぶよう。

犬童監督、99年の「金髪の草原」も今でも情景を頭に思い浮かべるくらい好き。たまに自分には「これも?」と思うような作品もあるけれど、watchし続けていきたい。