マン・オン・ザ・ムーン

 

マン・オン・ザ・ムーン [DVD]

マン・オン・ザ・ムーン [DVD]

  • 発売日: 2020/01/17
  • メディア: DVD
 

観たのはvhs。

ジム・キャリー演じるアンディ・カフマンという、緊張と弛緩多用のすれすれの芸をする芸人の姿の凄み。ひりひりするやら揺さぶられるやら。

プロモーターを演じているダニー・デヴィートがいい感じ。彼はwikipediaによるとアンディ・カフマンと知人で、この映画の製作にも関わっているとか。

ミロス・フォアマン監督、「ラリー・フリント」(これは、テレビで流し見なので書くのはばかられるけれど)でも、「アマデウス」でもクセのある人間をクセ出しながら、そこがいいんだよと描いている気がする。人がどういおうが、自分の信念のもとに動くのだという精神が感じられるのは、チェコからアメリカに社会的な事情で移ってきた人だからなのではないだろうか。「カッコーの巣の上で」はもちろんそれが濃厚で。