ヴィジョンズ・オブ・ライト

 

eiga.com

無声映画時代から80年代半ばくらいまでの撮影監督の仕事の歴史を作品と撮影監督へのインタビューをまじえてまとめたもの。

狼たちの午後」「アニー・ホール」「グッドフェローズ」「暗殺の森」など好きな作品はちょっと引用されているだけでもうっとりとひきつけるものがあるなあ。

天国の日々」も30年以上ぶりくらいでみたけれど、本当に美しい画面だなあ。マジック・アワーばかりで撮った贅沢な映像の話。ネストール・アルメンドロスという撮影監督。途中でトリュフォーの撮影に入って撮影監督交代とのこと。

印象に残っているのは「市民ケーン」でオーソン・ウェルズが自分の名前と撮影監督の名前を並べた話。撮影監督について、気にはなっていたけれど、まとめてみることが出来、面白かった。とても勉強になったし手元においておきたいくらい。まだまだみていない歴史的な作品が多いなと痛感。。

 

言及されていて未見のものメモ。あまりにもたくさんでメモが追っつかなかった。手元にあって、安心してしまい、なぜこれをまだ観てないの?というようなものも・・もったいなし・・

ドイツ表現主義の映画ほとんどみていないのだけど、光と影のはっきりした表現に惹きつけられるものがとてもあったし、ちゃんとみたい。

 

デヴィッド・リーン監督の「オリヴァー・ツイスト」(1948)

東への道」(1920) リリアン・ギッシュの熱演

「ナポレオン」(1926)

サンライズ」(1927)

「ゴールド・ディガーズ」(1933)←俯瞰で撮った美しいミュージカル場面に魅せられる

「椿姫」(1936) グレタ・ガルボ。当時の俳優、女優は撮影監督を指名できるほどだった。美しくみえる方向からの撮影。

真珠の首飾り」「上海特急」 ディートリッヒの撮影、美しくみえるため明るい光をあてて。。

「肉の蝋人形」(1933) テクニカラーの風合いが面白い

「果てなき航路」(果てなき船路)(1940)

若草の頃」(1944)

「殺人者」(1946) ドイツ表現主義の影響

過去を逃れて」(1947)私が割合苦手とするフィルムノワールだが、評価高し・・

「情熱の狂想曲」(1949) ジャズもの。流れている音楽も良かった。最近ぽつぽつ見ているドリス・ディも出てくる

狩人の夜

「Tメン」(1947)

ビッグ・コンボ」(1955)

「ピクニック」(1955) シネマスコープ

「成功の甘き香り」(1957)

ヴァージニア・ウルフなんかこわくない」←前から気になっていたが、ドキュメンタリータッチで撮ることに監督含め危惧があったそうだが、エリザベス・テイラーのプッシュで実現したとか。流れていた画面もよかった。

「ハッド」(1962)←私の好きなポール・ニューマン主演

アルトマンの「ギャンブラー」(1971)色あせたカラー写真風にという監督の強い希望。撮影監督自体は、その調子に少しあきかけたが、アルトマンは譲らなかった。