百年の夢

映画COM
スロヴァキアの老人ばかりの村で静止画と動画を組み合わせて、そこに生きる人を撮ったもの。人形細工なども組み合わせたり、また鶏や家畜がおもしろい角度で組み合わされていたりしているところは、シュヴァンクマイエルと、全体の雰囲気は「リトアニアへの旅の追憶」*1にも重なる空気を感じた。ただお年寄りの暮らしがいま、少し前ならただ楽しんでいたところをとても現実的なものとしてとらえている自分がいることを発見する。