「坊っちゃん」の時代 第二部 秋の舞姫

第一部を読んだとき、コメント欄で、かなさんがこのシリーズについて

文学史の事実と虚構の混ぜ方の塩梅がよく

と書かれていたが、この巻の最後に載せられていた川上弘美さんの解説で、やはり
坊っちゃん」や「舞姫」の背後の「あり得たところの世界」という風に書かれていて、そういうことかと合点する。

ほうと思ったのは清水の次郎長の登場。なるほどライバルの黒駒親分なども幕末ものに出てくるんだからそういうことなのだろうけれど。。。あと、うれしかったのは少年時代の長谷川伸の登場。「瞼の母*1などをちょっと前にみていたもので。

『坊っちゃん』の時代 (第2部) (双葉文庫)

『坊っちゃん』の時代 (第2部) (双葉文庫)