ナマの京都

グレゴリさんの本は亜細亜ものを読んですきだったのだけど、京都本をだされたことは、書評家の藤田香織さんがほめておられるのをみてはじめて知り、あわてて買う。いやーおもしろい!京都本にありがちな気取りがなくて、ほんと「ナマ」な京都!あるある!って感じ。王将の餃子、未来くん、京都人の忌み嫌う「もっさい」状態。。ああなんて愉快な話題のチョイスぶりなんだ!と快哉をあげた。

ナマの京都

ナマの京都