濡れた壺

 1976年3月公開の小沼勝監督作品。谷ナオミ氏のおさえにおさえた演技+和服のうなじ、マネキン工場でのいたぶりが印象的。周りの女たちとの見事な対比。冒頭映る新宿の場外馬券売り場(東口と南口をつなぐガードレールの下)が懐かしい。谷ナオミの父が一見大人しい初老の男なのだけど、普段は競馬ですっては借金を作り、戦友と羽織袴で靖国神社を詣で飲むことだけが楽しみという設定。小津安二郎監督の「秋刀魚の味」(1962)*1笠智衆たちが岸田今日子のバーで軍歌を歌っていたのを思い出す・・もともと気の弱い人間がそのあと・・という話の流れになっていて、戦争帰りがまだまだ身近な時代、そして、一方では谷ナオミの弟が長髪の浪人という設定になっていて、この二人が共存する時代、70年代を感じた。田中小実昌が酔っぱらいの役で登場。作品に奥行きが感じられる。中丸信氏が「花芯の刺青 熟れた壺」*2(同年、こちらの方が9月であとの公開)にも似た歌舞伎の好きな父がいる御曹司の役。(「花芯~」の方では歌舞伎役者の息子)。すっとした顔立ちにぴったりの役回り。歌舞伎のチケットに「団菊祭」とみえたような・・幕切れもシャープ。

濡れた壷 [DVD]

濡れた壷 [DVD]

 

 

 

www.nikkatsu-romanporno.com

あゝ、荒野 前編

 

あゝ、荒野 前篇

あゝ、荒野 前篇

 

 

 

寺山修司原作のものを菅田将暉主演でということでどういうものになるかと思っていたが、とにかく面白かった。寺山作品によくある母への複雑な思い、少年が自立するということなどのテーマがうまく今の時代のエンターテイメントとして調理されている。劇画かと思うような、刺激に満ちた展開。菅田将暉と年上の同輩ヤン・イクチュンの動き、表情のリアルなこと。どえらい環境からの殺伐としたスタートで、なおかつ、その辛さが身に染みる表現なんだけど、この二人とユースケ・サンタマリアの軸がしっかりあって、非情なようで、人間の匂いのする新宿という町をしっかり感じ、小さな太陽をみているような気持ちになる。地味な役をよくみている木村多衣が今回は少し違う顔も。

自殺防止キャンペーンというイベント、ものすごく戯画的であるけれど、序盤の人をのむテイストは寺山作品のようなものもあり、また主催者の痛々しさに三島由紀夫のことをふと思い出したり。。三島の文学作品群なしでの表層の出来事だけの一致でそんなこと思うのは失礼すぎるのは承知なんだが、なにか三島の出来事のあるつらさも表現しているように感じた。このイベントがらみで極端なアイコンとして出てくる山中崇氏、この人は「菊とギロチン」でもよいなあと思ったのだけど、なにかいつもひきこまれるものを感じる。

たそがれ酒場

 先日「東京映画地図」という本を購入した。

 

東京映画地図 (キネマ旬報ムック)

東京映画地図 (キネマ旬報ムック)

 

 

映画をみるとロケ地はどこだといつも気になる自分にぴったりの本なのだが、その本によると、

この映画は現在思い出横丁になっている新宿西口マーケットにあった百円酒場「富士屋」がモデルだとか。列車の音、店の下を通るデモ隊など当時の新宿駅近くの雰囲気がわかる。

とのこと。これを感じたくてこの映画を借りた。

昭和50年代、自分が上京した時、確かにこの一角、副都心などとは一線を画す雰囲気だったように思う。

記憶をたどるためにみた思い出横丁関係のページがおもしろい。

shinjuku-omoide.com

 まだ全部はちゃんと読めていないが、焼き鳥屋の宝来屋店主金子正巳さんの自叙伝「やきとり屋行進曲」からのものらしい「西新宿物語::第二宝来家」に書かれていることは、まさに闇市時代を描いた映画のようだ。

www.horaiya.com

 

さて、タイトルの「たそがれ酒場」だけど、これは昭和30年内田吐夢監督作品。中国から帰還した内田監督が「血槍富士」につづいて撮った映画とのことで、戦中を生きてきた人の戦後のつらさがにじみ出ている。去年あたりから満州に興味を持ち、内田監督の満州での苦労もきいていた*1ものだから、なお一層そういうことを経験されたあとの内田監督がこの映画を撮られたのだという思いもあった。

戦後のつらさ、などと戦争体験者でもないわたしが書くと軽い言葉になってしまうが、先日「探検バクモン」というテレビの国会議事堂特集をみていて、田原総一朗氏が政治に関心を持ち続けるのはなぜだという問いに対して、戦後平気で前言撤回する世の中を体験し、本当に政治家のいうことは信用できない、だまされてはいけないという気持ちが骨の髄まで染みた、だからどこまでも問いただすのだという話をされていて、それまで田原さんってもしかして引っ掻き回しておられるだけでは?と思ったりして少し冷ややか目に番組をみたりしはじめていた気分が少し変わった。関心を持たせるための政治討論ショーみたいな部分は否めないけれど、「探検バクモン」での田原さんの言葉はこちらの胸にしみたし、戦争体験者からの生の声が届かなくなる世の中の到来、本当に気をつけなきゃと思った。

www4.nhk.or.jp

どんどん話が映画から離れて行っているが、大衆酒場での一日の群像劇を描いたこの映画、一番目を引くのはストリッパー役の津島恵子だ。本当に美しく、ダンスの素養があるのに裸をさらす商売をしなきゃいけないという境遇のつらさが、津島恵子の持つ品の良さで確かに描かれていた。

この大衆酒場、ピアノと舞台が備えてあって、客が舞台の上で壺阪道中をうなったり、「ソーラン節」に大いに盛り上がったりがあったかと思えば、常連のさしがねで、この酒場の歌い手の実力をみせるためにカルメンの「闘牛士の歌」が演奏されわいたりとなかなかだしものも多岐にわたっている。ほかに音楽はなく、この演奏されているものだけが音楽というのが、ビデオに同梱されていた山根貞男氏の解説によると、ワンセットの劇であるということなどにも並び、内田監督の実験手法であるらしい。

酒場の名ピアニストは成城大学の音楽教授 小野比呂志氏、酒場の歌手には新進のバリトン手宮原卓也氏が扮していたとのこと。

酒場で働く女性たちのなかでスポットがあてられている野添ひとみのやはり群を抜くかわいらしさ。宇津井健が交際相手の男前の役で登場。(出番短い)

野添ひとみをめぐって争うちょっとやくざもの風の男に丹波哲郎。さらっとした出方。帽子のかぶりかたなどしゃれている。

戦争中の上官と兵士の結びつきと哀歓を東野英次郎と加東大助が手堅く演じている。

 

 みたのは、vhsの日本映画傑作全集として出ていたものだけど、参考のためにdvd版の情報をはっておく。このdvdの表紙になっているのが迫力のある美しさの津島恵子

たそがれ酒場 [DVD]

たそがれ酒場 [DVD]

 

 

 

*1:例えば「満映とわたし」など

サチコの幸

上村一夫原作 武田一成監督。昭和51年作品。

舞台は昭和26年頃の新宿二丁目
上村一夫の絵もとりいれられ、四畳半フォーク的な空気も濃厚。

浅香光代がサチコたちの住んでいるところの女将に扮しているが、猿を飼っていたり独特の空気をまとっている。
鈴木ヒロミツが中田という客に扮しているが、田中角栄を思わすような口癖、プロフィール設定がされている。
悠木千帆時代の樹木希林が同じところに住むリアリスティックな夜の女役。最近落ち着いた役ばかりみているので新鮮だったが、もともとこういうふくれっ面気味の演技されていたなあと懐かしい。
絵沢萠子がいつもよりおとなしめの役。

サチコの幸 [VHS]

サチコの幸 [VHS]

白い指の戯れ

all cinema
1972年 村川透監督作品。脚本神代辰巳。主人公伊佐山ひろ子の最初の相手が口ずさんだり、中盤の泡だらけになってのバカ騒ぎの時のサイケな空気も漂う場面に流れる俗謡風の音楽に、時代や思想はどんどん西洋の影響を受けつつもなにか姿かたちや性は土俗的であるというような自嘲のような、むなしくもカラッとしているような空気が大いに流れ、神代監督の「青春の蹉跌」*1(1974)でショーケンが口ずさむ斎太郎節やあるいは、大島渚監督の「日本春歌考」(1967)的なものを感じたりもした。「日本〜」では問題提起しまじめくさっていた感じが、もっと自分を笑い飛ばすような雰囲気に変わっているような・・
とにかく中盤のその爆発的なシーンはなかなか愉快だ。

新宿紀伊国屋書店のところとか、渋谷などの風景も楽しめる。
撮影 姫田真佐久。そう思ってみているせいか、面白い角度からのショットなど多いように思った。

牝猫たちの夜

田中登監督の、エロスとタナトスの隣り合わせ感、この映画でも濃厚。「屋根裏の散歩者」*1ではタナトスがあるからこそのエロスを感じたけれど、この映画では、エロスに内在するタナトスを感じる。グレゴリオ聖歌のくだりのいたいたしさの良さ。
72年頃の新宿の姿。当時トルコ風呂と呼ばれていた場所で働く女性たち。主人公級の女性の、地に足着いた生活ぶりなどにたくましさを感じる。映画に出てくるといつも注目してしまう都電の引き込み線。そこに点描のように出てくるフーテンの姿。「アッと驚くタメゴロー」という「ゲバゲバ90分」のコントを思い出す。

牝猫たちの夜 [DVD]

牝猫たちの夜 [DVD]

初恋 地獄篇

寺山修司と羽仁進の脚本、監督は羽仁進。昭和43年。東宝のATGビデオ文庫というもので視聴。
お茶の間からの悲劇、町の暗部のSMショーめいた仕立ての撮影会、むなしき笑う会、新宿西口で孤独な人の為に売っている相槌テープなど、寺山修司の香りがすごくし、また、いかにものヒリヒリした感じの映画だったけれど、子供時代の羽仁未央が出てくるシーンが本当にかわいらしい。
新宿西口の撮り方、少年時代の幻想のような天狗の面をつけて戯れるシーンなどの構図はおもしろく、当時の空気は匂いたう。

初恋:地獄篇 [VHS]

初恋:地獄篇 [VHS]

みたのはVHS版だけど、vhs版の表紙にも宇野亜喜良氏のかっこいいポスターがデザインされていた