ライムライト、アンノウン・チャップリン

DVD>ライムライト (<DVD>)

DVD>ライムライト ()

 

 みたのは、VHS版。(朝日ビデオ文庫)

f:id:ponyman:20190709170303p:plain

こちらのパッケージの方がずっといい。淀川長治さんの解説冊子つき。装丁和田誠

小学生のとき、「街の灯」、「キッド」、「黄金狂時代」などを喜んでみていたのだけど、「ライムライト」の、いつもと違ったチャップリンの姿についていけないものを感じ、そこでチャップリンは卒業、それ以来遠ざかってしまっていた。今回見て、やはり「ライムライト」のもの哀しさは小学生の私には無理だったなと再認識。淀川さんの解説によると、「ライムライト」を撮った時、チャップリンはハリウッドを追われかけており、チャップリンの心の中の煩悶(「私がどのように楽しい映画を作りづけたかも、もう忘れたのか」という思い)そのままが脚本になり、映画になっているということだ。

今回みてみたのは、先日からバスター・キートンに目覚めたからなのだけど、キートンの出番は少ないけれどとてもかっこいい。相変わらずの乾きっぷりがなかなか良かった。そして、益田喜頓さんはこの雰囲気受け継いでいる!と体感した。(この映画のキートン坊屋三郎さんにも似ているが・・) 「ライムライト」は、チャップリン演じる往年のスター、ネビルが名前を隠して演じた時と名前をだして演じた時の観客の反応の差がくっきりとわかったりするところが描かれており、「芸」に本当に受けているのでなく名前だけに受けているんだ、「芸」の力ではもうだめなんだよ、とも読み取れるけれど、別の方向でいえば、自分の好きなスターが、監督が、舞台にたつ、新しい作品を発表する、それだけでもうれしいものだよ、というものの見方もできる。「ライムライト」の中のネビルの姿は、哀しいだけではないように思う。

 

 「ライムライト」と同時にこちらのドキュメンタリーも。

チャップリン・その素顔と未公開映像 [DVD]

チャップリン・その素顔と未公開映像 [DVD]

 

 

(↑みたのはVHSで出ている3巻セット)

「ライムライト」ではあの有名な主題歌がすばらしいと思ったのだけど、チャップリンの作曲。やはり彼が作曲した「街の灯」の音楽も素晴らしかった。

おかしかったのは、「街の灯」のあの可憐な少女と途中トラブルがあり、彼女が一度は降ろされ再契約で撮りなおしたということ。チャップリンの完璧主義の気持ちを無視するような大雑把なところがあったらしく。。でもそんな彼女ゆえの・・って思えるような魅力のある作品だ。 

バスター・キートン

「ローマで起こった奇妙な出来事」*1に出てきた晩年のバスター・キートンをみて、キートンに興味を持ち、キートンの「探偵学入門」、「将軍」、3巻からなるドキュメンタリーを観る。

 

キートンの探偵学入門 [VHS]

キートンの探偵学入門 [VHS]

 

 

キートン将軍 [VHS]

キートン将軍 [VHS]

 

 

バスター・キートン/ハードアクトに賭けた [Laser Disc]

バスター・キートン/ハードアクトに賭けた [Laser Disc]

 

↑みたのはVHS 3巻セット DVDにはなっていない模様

 

子供のころはチャップリンの放浪紳士っぷりが好きで、そのライバル、笑わない男キートンか・・くらいの印象を持ってしまい、キートンとのちゃんとした出会いが遅れてしまったが、今回拝見してあのハンサムがベタベタした表情の変化とかなしに、乾いた感じでアクションで笑わすスタイリッシュさをとても感じた。映画に出てくる人がキートンだけに限らず大いに巻き込まれ、老人やヒロインでも容赦なく薬缶のお湯(水だったのか?)をかけられたり大水を浴びたりして、そのリアクションが近年のリアクション芸みたいにしつこくなく、瞬間瞬間のリアルな感じでとても面白い。(「将軍」のヒロインのインタビューによると、そのようなことが起きるという打ち合わせなしだったらしい。)キートンのタイミングのとりかたもすごく、軽業師的な面白さがある。メイキングをみて、つい現代の眼で映画の上でのトリックかと簡単にみていたものがほとんどキートンが体を張ってやっていたり、大掛かりな機関車のネタも、機関車を借り切っての実写と知り驚くことが多かった。ドキュメンタリー2巻に出てきた彼のセンスとMGMの考え方があわなかった不遇の時代、そのミスマッチさがよくわかった。機械いじりが好きで家でも小さな機関車で配膳するシステムを作ったり。。映画作りも純粋に好きなことを邁進させ経済生活に頓着していないイメージ。 「ローマで起こった~」の姿とあいまってますます好きになった。

港町

minatomachi-film.com

想田監督の映画、「選挙」*1で出会い、「演劇1、2」*2を経て、「選挙2」*3、「牡蠣工場」*4と追いかけてきた。牛窓の港町で普通に暮らしている人々を撮ったこの作品は「選挙」のシリーズや「演劇」のシリーズのようなインパクトはなく、人員が足りないゆえグローバル化を余儀なくされている牡蠣の処理場を撮った「牡蠣工場」寄りの作品だ。(舞台も同じ牛窓だった。)けれど、「牡蠣工場」ではいきなりそこに配属された外国人のような気持ちになったのに、この映画は、この町に受け入れられているような感があり、ひきこむ力が強かったように思う。「牡蠣工場」での人間関係は労働力のやりとりメインのものだけど、「港町」では、いろんなひとがいるけれど、とにかくここで生活しているということは共通という人々の姿をごく平等に天からの眺めのように描いているからかな。この映画では、個性的なおばあさんとの出会いがあり、「ゆきゆきて神軍」とまではいわないが、その熱量が画面を引っ張っている。まるで寂しがり屋の保育園児のように一生懸命話しておられるがそれはこのおばあさんの頭の中の現実であって・・・と思うときもあり、最終的にはそんなことはどっちでもよくなるこの感じ、フェリーニの「8 1/2」ばりの大団円みたいにもみえる。個性的なおばあさんの強い語りの後ろで「ノーコメント」みたいな顔をしている(何しろ自分の家の噂話をカメラの前でされているものだから)別のおばあさんの表情を撮ったりしているのも面白い。

港町 [DVD]

港町 [DVD]

お母さん、いい加減あなたのことは忘れてしまいました

 

michiro-oiaw.jp

 

映画館でこの恐ろし気な、母親という立場の人間からしたら揺さぶられるようなポスターを目にして一旦全体・・などと思っていたのだけど、その後、これは私の好きな人たちもリスペクトしている遠藤ミチロウさんという人の映画で、彼はザ・スターリンというパンクバンドを主宰し、また、福島出身ということで震災のことにも触れているというようなことを少しづつ知り、日本映画専門チャンネルでの放映を機にみてみた。

まとわりつくような家族というものが苦手で、お若い時のザ・スターリンのビデオクリップなどでも、日常生活を破壊するようなものを作っていた、その感じはわかるなあ。

素顔のミチロウさんは深く思索する静かな人で、吉本隆明さんの本から島尾敏雄さんに触れ、島尾さんのお墓(先祖代々の)が福島にあることから縁を感じられ、島尾さんが従軍した奄美にまで出かけられた。そして、奄美の立場、日本の中央政権に対し、決して対等なつきあいができたわけでなく、わりを食わされ、虐げられている感じに福島と共通したものを感じておられていた。私自身もこの映画を通して島尾さんの経歴をみていると、自分の周囲と関係しておられる項目が多々。一歩近づいた気持ち。

終戦の日に広島でライブを行うことや、プロジェクトFUKUSHIMAなど、自分の信念を形にあらわす、自分の生命に対して真面目な生き方も画面にあふれていた。もう少し早く御存命中にみておいて、ミチロウさんの活動にさっさと注目しておきたかったな。

 

書くことの重さ~作家 佐藤泰志

www.u-picc.com

 

このドキュメンタリー、一度日本映画専門チャンネルで途中からみてひきこまれるものがあり、再放送で最初からみた。確かに昨今佐藤さん原作の作品がたくさん映画化されていてしかも評判がいい。不勉強ゆえ私は佐藤さんの本を読んだことがなかったが、読みたい気持ちになった。

芥川賞の選考委員会の再現フィルムみたいなのがあったが、なんだかこの映画の視点でみると、普段は割合近い人からエピソードなど聞いて勝手にほのかに好意を持っていたのに、開高健氏のイメージが少し変わりそうな気分に・・

やはり賞の選定というのは残酷な部分あるなあ。太宰が川端康成に書いた手紙や未読だけど内容だけきいている筒井康隆の「大いなる助走」などが頭によぎる。

しかも再現フィルムの開高さんの関西弁も少しおかしかったし、これは、開高さんご本人とは関係ない事なんだが、関西人の人でそういう人多いと思うのだけど、おかしな関西弁をきくとそれだけでかなり減点処理を脳が行ってしまって何やら本日は坊主にくけりゃ袈裟まで的にひどいな・・選考委員会と思ってしまった。

再現フィルム上で丸谷才一氏がかっこよかった。(この映画では佐藤さんに好意的な人はかっこよく描かれているきらいもある。)安岡章太郎氏や遠藤周作氏、井上靖氏も割合特徴とらえていてそこらへんは面白かった。

 

ヴィジョンズ・オブ・ライト

 

eiga.com

無声映画時代から80年代半ばくらいまでの撮影監督の仕事の歴史を作品と撮影監督へのインタビューをまじえてまとめたもの。

狼たちの午後」「アニー・ホール」「グッドフェローズ」「暗殺の森」など好きな作品はちょっと引用されているだけでもうっとりとひきつけるものがあるなあ。

天国の日々」も30年以上ぶりくらいでみたけれど、本当に美しい画面だなあ。マジック・アワーばかりで撮った贅沢な映像の話。ネストール・アルメンドロスという撮影監督。途中でトリュフォーの撮影に入って撮影監督交代とのこと。

印象に残っているのは「市民ケーン」でオーソン・ウェルズが自分の名前と撮影監督の名前を並べた話。撮影監督について、気にはなっていたけれど、まとめてみることが出来、面白かった。とても勉強になったし手元においておきたいくらい。まだまだみていない歴史的な作品が多いなと痛感。。

 

言及されていて未見のものメモ。あまりにもたくさんでメモが追っつかなかった。手元にあって、安心してしまい、なぜこれをまだ観てないの?というようなものも・・もったいなし・・

ドイツ表現主義の映画ほとんどみていないのだけど、光と影のはっきりした表現に惹きつけられるものがとてもあったし、ちゃんとみたい。

 

デヴィッド・リーン監督の「オリヴァー・ツイスト」(1948)

東への道」(1920) リリアン・ギッシュの熱演

「ナポレオン」(1926)

サンライズ」(1927)

「ゴールド・ディガーズ」(1933)←俯瞰で撮った美しいミュージカル場面に魅せられる

「椿姫」(1936) グレタ・ガルボ。当時の俳優、女優は撮影監督を指名できるほどだった。美しくみえる方向からの撮影。

真珠の首飾り」「上海特急」 ディートリッヒの撮影、美しくみえるため明るい光をあてて。。

「肉の蝋人形」(1933) テクニカラーの風合いが面白い

「果てなき航路」(果てなき船路)(1940)

若草の頃」(1944)

「殺人者」(1946) ドイツ表現主義の影響

過去を逃れて」(1947)私が割合苦手とするフィルムノワールだが、評価高し・・

「情熱の狂想曲」(1949) ジャズもの。流れている音楽も良かった。最近ぽつぽつ見ているドリス・ディも出てくる

狩人の夜

「Tメン」(1947)

ビッグ・コンボ」(1955)

「ピクニック」(1955) シネマスコープ

「成功の甘き香り」(1957)

ヴァージニア・ウルフなんかこわくない」←前から気になっていたが、ドキュメンタリータッチで撮ることに監督含め危惧があったそうだが、エリザベス・テイラーのプッシュで実現したとか。流れていた画面もよかった。

「ハッド」(1962)←私の好きなポール・ニューマン主演

アルトマンの「ギャンブラー」(1971)色あせたカラー写真風にという監督の強い希望。撮影監督自体は、その調子に少しあきかけたが、アルトマンは譲らなかった。

健さん

 

健さん [DVD]

健さん [DVD]

 

公開当時から気になっていた作品。健さんの立派さはテレビの特集番組でよく存じ上げているので、それとは違った声がおもしろかった。八名信夫さんのおっしゃる健さんの淹れてくれるコーヒーが不味いはなしとか昔の撮影所スタッフの、健さんが遅刻魔だということなど(現場にたどりついてもまた寝てしまうなんて余程過密スケジュールだったのかなとも思ったのだが)。あと、健さんの元付き人の方が、京都市左京区百万遍のガソリンスタンドの方というのも初めて知った。よく京都の映画人が出てくるときの雰囲気(先日放映されたドラマ「スローな武士にしてくれ」などにもその空気が表現されていた)をまとっておられた。この映画ができた時、あまり他所では見かけていない早い時期に百万遍の飲食店でポスターをみかけたのは、あの方経由だったのかもしれない。

その方へのインタビューはイノダコーヒで、故人となられた健さんも一緒に座っておられるていでなされていた。

tabelog.com

あと紹介されていたのは、ジャン・ギャバンのポスターが贈られ飾ってある「花の木」。

tabelog.com

 

それと珈琲専科狩人←ここも私の生活圏内だったのに(やはり付き人の方がご近所、百万遍の方だったからか)閉店されたらしい。twitterを拝見していると開店されているうちに行きたかったなあという気持ちに・・

twitter.com

tabelog.com

 

 インタビューをみていて沢島忠監督の人柄に惹かれた。プログラムピクチャーをたくさん撮っておられるが、ふや町映画タウンで店長大森さんはじめ目の肥えたお客さんの間でとても評価が高い監督さん。少し前に亡くなられた時の扱いがあまり大きくなく複雑な気持ちだったけれど、ここにこうして映っておられる、そして優しく包み込むような、人間の幅を感じさせるコメントをされておられるというのがとても嬉しかった。