絵本

おじさんのかさ

佐野洋子さんの作品の純な感じが本当に好き。それが「どう?いいはなしでしょ」だとか「どうかわいいでしょ」なんていう俗っぽい雰囲気にまみれてないのがすばらしい!はずかしがりやの純情をこっそりみつけた感じでいつもなんとも感動する。この本も、「そ…

いぬうえくんのおきゃくさま

いぬうえくんという犬とくまざわくんという熊のくらしを描いたシリーズの第三作目。わたしはシリーズの中でこの本を一番最初に読んで共同生活の機微の描き方に感心してしまった。特に誰かと一緒に暮らすことによって生じるもやもやがうまくかわいらしく表現…

ねずみのいえさがし

なんか実写物のかわいい映画をみているような絵本。とっても上品なユーモアにあふれた本で,ねずみのひとりごとににやりとしてしまう。(だからとって理屈っぽさとは無縁。)大人でも充分楽しめるので、絵本のプレゼントのおすすめをたずねられたらいつもす…

はがぬけたときこうさぎは

はじめて歯が抜けるときのこどもの微妙な気持ちをとっても洋風の味付けのかわいいイラストとストーリーで表現していてなんだかとっても楽しめる。かわいいといってもべたべたのかわいさでなく、ぎょっとしたような表情とかがものすごくおかしくて、お話もま…

なんげえはなしっこしかへがな

東北旅行の後、東北の言葉の良さを掲示板で書いていたら、 どどさんが、 津軽弁の絵本「なんげえはなしっこしかへがな」北彰介・文 大田大八・絵 銀河社 おすすめ・・・というか、私の大好きな本の中の1冊です。 なんげえはなしっこしかへがな作者: 北彰介…

へびのクリクター

額に入れて飾っておきたいポスターのようなかっこいい絵柄とユニークなストーリーがとってもすてきなトミー・ウンゲラーの絵本をすすめてもらい、「すてきな三人ぐみ」などを読んだ後、これを読んだらまたタッチが違っていておもしろく、紹介したところ、Min…

よい子への道

windshipさんがボードで よい子への道 BORN TO BE YOIKO おかべ りか作の福音館書店からでている、児童書なんですが 子供がクラスの本棚から借りてきたものです。 「〜〜てはいけないこと」で始まるよい子への道は、その25まで 先生のつくえのなか おばさ…

アーノルド・ローベル

教科書に載っているアーノルド・ローベルの「がまくんとかえるくん」をこどもが音読しているのをきいてあのシリーズが大変すきになったということを書いたところ、掲示板にコメント。(「がまくんとかえるくん」は「ふたりはいつも」とか「ふたりはともだち」とかい…