2014-05-07から1日間の記事一覧

遥かなる帰郷

アウシュビッツから解放されたイタリア系ユダヤ人プリーモ・レヴィの手記「休戦」 をもとにした映画。解放されてから故郷に帰るまでの物語。 原作者は映画化が決まって喜んだ一週間後に自殺ということがパッケージにかかれていたが、戦争というものが終戦で…

ワルシャワの悲劇 神父暗殺

戒厳令下のワルシャワ。「連帯」の民主化運動に参加する人々のヒーロー的存在であるアレク神父とそれを敵視する秘密警察の指揮官。 実話に基づく物語で、重いテーマだけに易々とはみられないのではと危惧したがアニエスカ・ホランド監督は観客を惹き付ける構…

政と源

仕事一辺倒で家を顧みなかったために熟年離婚されかかっているような銀行勤めを退職した男性の立場でお話を綴るしをんさんっていいな。また失われつつあるけれど、応援しなきゃいけないものをとりあげる視点の一環として、今回はつまみ職人を。つまみ職人の…

重版出来! 3

漫画家としてのデビューの姿のいろいろ。捨てる神あれば拾う神あり。漫画家の才能というか原石と編集者の出会いは縁もかなりあって、磨いていくことと同時にひとつのところであきらめない心も大切みたいだなあ。ほかのことでもいえそう。自分は体育会系の人…

『坊っちゃん』の時代

明治後期の時代の人間関係、流れがよくわかると歴史に強い友人にすすめてもらい読んでみる。 前にちらっと読もうとしたとき、情報量が多すぎて先にすすみにくかったのだけど、今回は大丈夫だった。ちょうどNHKの「おまえなしでは生きていけない」という猫を…